SSブログ
前の10件 | -

小林泰三の死 [追悼]

 今でも信じられへんし、信じたくないし、昨日の夜に受けたショックがまだ残っているしで、たぶん冷静に書くということがでけへんのやないかと思いながら、この項をどのように書くか、一日中考えていた。
 作家の小林泰三さんの訃報に接する。享年58。癌で闘病中やったと、初めて知った。
 同い年で、しかもかつてはSFのイベントでごいっしょした時などしょっちゅう親しく接してきた人の訃報を昨晩高井信さんのブログで知った時、目を疑うた。同姓同名の方がいてはる(「かに道楽」の人とか。ニュースでテロップを見てびっくりしたものです)から。でも、高井さんが「かに道楽」の社員さんの訃報をアップするわけないやんな。
 で、すぐに検索をかけたら、早川書房のサイトにヒットした。嘘やなかった。ほんまやった。私のすぐ後ろでテレビニュースを見ていた妻に、「小林泰三さん、死んだって」と言うと、妻も驚いた。私と妻は、よく思い出話をする時に小林さんのことを話題にしていたものですからね。妻もSFのイベントで小林さんとお話をしたりしていたのです。
 この日記にもつい最近まで時折コメントをつけてくれたりしてくれてはったし、実際は10年くらい会うてなんだけれど、この日記を読んでくれてはると意識しながら書いていた。
 30代から40代にかけて、SFのイベントではよくごいっしょさせてもろうた。その時々の思い出をすべて書いていたんではかなりの時数になってしまう。おいおい触れていこうと思う。
 あれはまだ小林さんもデビューしてそれほどたってへんころやったなあ。津原泰水さんの「妖都」という作品のあらすじを抱腹絶倒な物語のように語る人が、京都SFフェスティバルの合宿にあらわれた。それが小林さんやった。そこにいっしょにいたのは、牧野修さん、田中啓文さん、冬樹蛉さんといった面々で、小林さん、牧野さん、田中さんのやりとりがまた絶妙な間でその場にいたものは大爆笑。その人があの「玩具修理者」の作者やとは誰が思うたやろうか。冬樹さんはすぐにご自分のウェブ日記で「漫画トリオ」と命名した(むろん、横山ノック・フック・パンチのトリオのことを踏まえての命名)。後に田中哲弥さんを加えた「漫画カルテット」と呼ばれるようになる。
 あのころは毎年のように今日フェスの合宿で、SF大会で顔を合わせていたものです。
 小林さんは私のことを「『SFマガジン』という歴史ある専門誌で書評を担当している書評家」と呼んでくれはった。たとえ私の担当が架空戦記や伝奇アクションやったとしても。やがて私は「開店休業中の、本をほとんど読まない書評家」になってしもうた。それでも、小林さんは最新刊までずっと新刊が出るたびに本を贈ってくれはった。私のことを書評家としてずっと認めてくれたはったんやと思いたい。それが嬉しくてたまらなんだ。
 同い年ですよ。もし会社勤めを続けてはったとしても、まだ定年退職まで間がある歳ですよ。「因業探偵」の続きはどうなるんよ。徳さんもどっかに行ってしもうたんかよ。アリス、クララ、ティンカー・ベルときて、次は次は誰を殺すつもりやったんよ。
 書きたいことをみなさんにも伝えたいことはまだまだあるけれど、字数が増えてきた。この続きはまたいつか、折に触れて書くことになると思う。
 知人というほど離れてはいず、友というほど近くはなく、ほどよい距離間がよかったのかもしれん。
 ロジカルで、邪悪で、グロテスクで、リリカルな小説を数多く残してくれた小林さん。まだあなたの贈ってくれた本を何冊か読み残してます。辛いけれど、少しずつ読んでいって、この日記で紹介しますね。それが私にできるただ一つの供養やないかと思う。
 そやけどなあ、早すぎるぞ、小林さん。私はこれからまた書き始めるつもりやのに。
 謹んで哀悼の意を表します。
 明日になったら小林さん本人のコメントが付いていそうな気がひょっくりとしてしまう。そんなはずないんやけれどね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

普通でないシーズンの短期決戦 [プロ野球]

 短期決戦は怖いなあ。シーズン終盤下降線の上に実践勘を取り戻せなんだジャイアンツは、CSでマリーンズに連勝した勢いそのままに臨んだホークスの前に4連敗。しかも本拠地東京ドームが都市対抗野球で使用でけんので不慣れな京セラドーム大阪をホームとして使用せんならん。さらに、ホークス工藤監督の提案の全試合指名打者制という条件をのむ。
 相手の嫌がることをせんと勝負には勝たれへんのに、相手に利する条件がそろう。せめて投手を打席に立たせるくらいせんと、打ち負けるのは目に見えていた。
 確かにホークスは強い。それは間違いない。そやけど、今季の優勝は3年ぶりで、過去2年はシーズン優勝をライオンズに譲っている。CSのおかげで日本シリーズ四連覇となったけれど、それがなかったら日本シリーズに出ることすらでけてなんだはず。
 ジャイアンツは、シーズンの力を出せなんだ。弱かったから負けたわけではない。タイミングが悪かったということですわ。
 でも、この惨敗のせいでセ・リーグのチームすべてがパ・リーグに劣るようには思われたくないなあ。
 とにかく新型コロナウィルス禍の影響でいろいろなことが普通やないシーズンが終わった。まあ、来季はもとに戻るかと言われたら、やっぱりいろんな制限がかかることやろうね。今年の経験をどれだけ生かせるか、やろうな。がんばってな、矢野監督。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

刑事コロンボの帰還 [読書全般]

 今日は昼間も気温が上がらず。一応ダウンベストを着ていったんやけれど、換気をしっかりしている保健室はスースーと寒うございました。各教室ではきっとエアコンで暖房を入れているやろうにね。しんどいというて来た生徒がよけい具合が悪うならんかひやひやものですが、養護教諭は専門家なんやから、そこらへんはちゃんと考えてはるんやろう。こっちが風邪をひきそうです。あ、彼女たちは白衣を着ているからそれほど寒さを感じてへんのか。うーむ。
 今日は授業の空き日なので、明日の会議資料の作成や、府教委に提出する書類の作成、新規開発の教材の完成など、ほとんどパソコンの前で作業をしていた。寒さをしのぐために内線電話ですむところをわざわざ職員室まで足を運んでみたり、それなりに工夫してましたけれどね。
 何人かPCR検査を受けていた生徒もいたけれど、今日結果の出た生徒はすべて陰性。ほっとして、定時に退出。帰宅して、くつろぎながら週刊誌を読んだり、スマホをいじったり。夕食後は読書。たまっている録画も見たいけれど、読みかけの本かて読んでしまいたいのです。あ、日本シリーズもやってたんやった。パソコンを立ち上げてスポーツ紙のサイトを開くと、ホークス3連勝。しかも投手陣は9回2死までノーヒットリレー。ジャイアンツがどうしようもなく弱いみたいやないですか。2005年、マリーンズに惨敗したタイガースを思い出した。こんなはずやなかったと思うていたら好き放題されていた。実戦から少し離れていたのと、シーズン終盤の下り調子をそのまま引きずっていたのと両方でしょう。それにしてもいいようにやられ過ぎですぞ。
 山口雅也・総指揮/菊池篤・構成「刑事コロンボの帰還」(二見書房)読了。いわゆるバラエティ・ブックという構成ではあるけれど、山口氏による「刑事ものドラマの歴史」から、「刑事コロンボ」の原型となったリンク&レヴィンソンの戯曲、そして俊英ミステリ作家によるコロンボ・パスティーシュのアンソロジーつきという、ファンにはこたえられない一冊。コロンボシリーズの解題と俳優名鑑では、出演した俳優たちが他のミステリ映画やSF映画でどう共演しているかというところまで追っていて、出演俳優のリストで「コロンボ曼陀羅」ができるなんてことも書いている。パスティーシュはどれもコロンボ愛に満ちた佳品。樹林伸「殺意のワイン」はむろん「別れのワイン」を下敷きにしていてコロンボファンならにやりとしてしまう仕掛けがしてある。七尾与史「コロンボの初仕事」は作中にちりばめられた遊びが楽しい。コロンボが好きで好きでという人にはこたえられない一冊。版元がコロンボのノヴェライズを出していた二見書房というのもたまりませんねえ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

歯をくいしばれ [新聞]

 今日は勤労感謝の日。産経新聞の社説(主張)には「歯を食いしばれ」というタイトルで「今はしんどいけどがんばるんだ」みたいな主旨のことを書いているけれど、勤労感謝の日というのは「勤労できることに感謝する日」ではなく「ふだんの勤労に対して感謝する日」なんやないかと思うてたんやけれど。これって総理の言う「自助」ですよね。国は何もしてやれんけれど自分らでがんばれ、ということを産経新聞の論説委員が「勤労感謝の日」にかこつけて「主張」しているということになるんやろうな。あんたら総理にパンケーキをおごってもろうてる人らやろ。そんな人たちに「歯を食いしばれ」なんて言われたいことないと思いませんか。
 それはともかく、普段の勤労に感謝し、今日も完全休養日。たまっている録画を朝のうちにたっぷりと見て、それから喪中欠礼葉書の宛名書き。間に昼食をはさんで、昼過ぎには一気に110枚強を書きあげる。いや、毎日ちょびちょびやって月末までに間に合わすくらいのつもりでいたんですよ。なんかもうやりはじめたら最後までやらんとという感じになってしもうた。
 疲れたので、午睡。夕刻、妻とおしゃべりしたりしてから少し読書。夕食後は妻と録画した番組を少しだけ見る。
 さて、明日からまた勤労の日々。新型コロナウィルス感染症は拡大の一途。あまり外に出たくないなあ。3月よりも事態は深刻になってるみたいやのに、電車はあの頃より混んでますもんね。まあもうこれ以上「自粛」を要請でけんわなあ。こういう時にこそ政府が「歯を食いしばる」べきなんやないですか、産経新聞の論説委員さん。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

次は来年ですね [日常生活]

 大相撲小言場所「十一月場所をふりかえって~貴景勝、決定戦で照ノ富士下す~」 を更新しました。

 今日は日曜日、ですよね。昨日出勤しているので、なんか土曜日みたいな気がする。でも、「仮面ライダーセイバー」や「キラメイジャー」があったから、日曜日や、やっぱり。どういう認識の仕方ですか、このおっさんは。
 朝からテレビを友とし、昼食後、午睡。こういう日曜を毎週過ごしたい。夕刻起きてきて、駅前の理容室に行くけれど、2時間待ちとのことで予約を入れて帰宅。幕下の相撲だけ録画で見てから、再度理容室に。整髪は何ヶ月ぶりかしらん。ようやっとさっぱりした。整髪してもろうてる間、後ろのテレビから日本シリーズの中継の音が流れていた。今村というほとんど実績のない投手を第2戦に先発さした時点で原監督はこのシリーズを投げたんかと思うていたら、案の定ぼこぼこに打たれていた。今季もまた4連敗かな。
 支払いをすませて店を出る時に、理容室のマスターから「次は、来年ですね」と声をかけられた。正月前にもう一度来るような客やないということはとっくに見透かされているらしい。「まあ、はい」と答えると、「来年もよろしくお願います」と言われてしもうた。まだ勤労感謝の日前日ですぞ。気分はもう年末。いやはや。
 帰宅して、相撲中継をたっぷり録画で楽しむ。最後の最後は盛り上がったけれど、やっぱり横綱土俵入りのない相撲は寂しいなあ。貴景勝には来場所も優勝してもらい、早く横綱を締めてもらいたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寄付したはずなのに [日常生活]

 今日は土曜出勤。とはいえコロナ禍のため、授業はなし。部活に来る生徒もおらず、ほとんどの教職員が年次休暇を取っていて、お山の学校は森閑としたもの。留守番役で教頭が出勤していた。
 教頭は「喜多さんも休んだらええのに」と言うてくれはったけれど、養護教諭2名が出勤するのに、私が休むというのもどうよということもあって、出勤したのです。むろん停滞している教材作成やら仕事はなんぼでもある。人権担当として4年間の間自分の参考書として買いためた新書などを寄付したのに、後任の人権担当がほったらかしにしてはったおかげで廃棄されそうになっていて、そちらの回収もしなければならん。
 前任校は人権教育が盛んな学校やったので、お山の学校ではそちらの方も期待されてまわってきた仕事でもあったので、私なりに「いじめ」「児童虐待」「セクシャルマイノリティ」「在日外国人」などについていろいろな知識を蓄えようと購入し、付箋を貼りながら読んだものです。それは学校に寄付して財産としたいと思うてたのに、廃棄とはあんまり。
 授業で活用できるようにとコンビニコミックで買い直した「ブッダ」や「アドルフに告ぐ」、「はだしのゲン」なども廃棄対象になっていて、これも回収。こういうのの引き継ぎはほんまに難しい。後任者の意識の濃淡もあるしね。私としては、若手に自分の蓄えたものを惜しみなく譲ったつもりやったんやけれど。
 引き継ぎの難しさという点では、今のポジションも難しい。前任者から引き継ぎの覚え書きももろうたんやけれど、それ以外のところで養護教諭から「前の先生はこれもしていたあれもしていた」と知ってて当たり前のように言われるたびに、「聞いてへんよお」と苦闘しているのです。
 というわけで、午前中いっぱいはかつてのぼっち部屋と教科の準備室にこもる。
 昼過ぎにようよう退出。帰路、途中で理容室に寄ってみたら、お客がいてて待ち時間がかかりそうやったので、そのまま帰宅。
 帰宅し、午睡。夜は録画した相撲を見る。貴景勝が単独トップを守り、明日は1差で追う照ノ富士との対戦。優勝争いは現大関ともと大関という順当なものになり、ほっとしている。また幕尻優勝なんてことになったら、それはそれで面白いけれど、やはり横綱や大関が一番強いという、番付通りの展開になってほしいのも事実。
 喪中欠礼葉書のプリントアウトも終わり、あとは宛名書きをして休み明けに投函すればよろしい。やれやれです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マスクは必須 [日常生活]

 今日と明日は授業日数確保のため半日ずつの授業日で、仕事は昼過ぎまで。実は昨日、生徒に新型コロナウィルス感染症のPCR検査で陽性が出た生徒がいてて、今日は休校。朝から教員総出で消毒作業をし、それから今後の対応などについて会議また会議。諸般の事情で二転三転、明日も授業は中止やけれど、部活動などはできることになった。
 昨日、その生徒の濃厚接触者を判定するために保健所の職員の方たちとの対応に追われ、今日はそれを受けて教育委員会との対応に追われ、という具合。学校保健主事である私は何が何やらわからん状態のまま、右往左往。校長も教頭もこんな事態には初めて対応することなんで、やはり右往左往。気がつけばもうお昼。昼食を取って昼過ぎには退出。校長からは別に残っているよう指示されてへんし、まあ私が残っていても役に立たないどころか足を引っ張るだけなんで、その方がよかろう。
 帰宅後、少し午睡。もう体が動かんのです。明日も授業はないけれど、こんな事態の時に保健主事が休むのはやはりまずい。明日も出勤せんならん。第3波をもろにかぶってる中、片道1時間半の通勤はこたえるなあ。
 で、この2日間でわかったことで、みなさんにお知らせしておきたいことがある。
 みなさん、マスクはしましょう。保健所の調査でも、該当生徒が登校時にマスクをしていたかどうかをしつこいくらい聞いてきたし、その生徒と接触していた生徒がマスクをしていたか、接触していた教員がマスクをしていたか、何分くらい近くで話をしていたかという点の聞き取りが中心になっていた。
 授業担当者や担任の証言、たまたま撮っていた写真などから該当生徒も接触者もちゃんとマスクをしていたことが判明し、その結果、濃厚接触者にあたるものは学校関係ではなしとなった。濃厚接触者かどうかの判断にマスクの着用が大きく関係していることは明らかで、もしマスクなしやったら当該生徒と話をしていたものは濃厚接触者に指定されていたかもしれん。指定されると14日間は外出不可とか。
 みなさん、マスクをしましょう。濃厚接触者になるかどうかはマスクにかかっているのですぞ。
 夜は相撲中継と今週から始まったサンテレビ「熱血! タイガース党」を見る。相撲は貴景勝が志摩ノ海を下して単独トップに。1差で追ってくる照ノ富士と貴景勝の対戦で優勝が決まるということになりそう。「タイガース党」のゲストは藤川球児。野球を通じて人間性が磨かれてきた人やねんなあと改めて思う。
 さて、明日も午前中出勤。午睡で少し疲れは取れたけれど、まだまだしんどい。幸い発熱はなし。早く寝て明日に備えよう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大関孤軍奮闘 [大相撲]

 今日も暖かい一日。体がついていかず、だるい。授業は1時間だけ。特に急用もないので午後から休暇を取って帰りたいと思うていたら、急用ができ、帰るに帰れなくなる。詳細は守秘義務があるので省くけれど、なんで慣れないど素人の学校保健主事が着任した年にこうも難題が立て続けに起こるのかとだけ書いておく。
 なんやかんやあって、1時間残業。帰宅後、録画した相撲を見ていたら、十両の相撲のところでまぶたが重くなり、何度も巻き戻しては見直した。
 もっとも、今場所は先場所ほどの盛り上がりがない。先場所は大関を狙う関脇と新入幕の力士が先頭を譲らず、1差で大関が追うという展開で、誰が優勝するのか読めなんだ。今場所は先場所の屈辱を晴らそうという大関と、どちらかというと地味系の幕尻の力士が並走しているけれど、勝つことへの執念が大関貴景勝にはっきりと出ているので、よほどのことがない限り、幕尻の志摩の海の優勝は難しいんやないかなあ。
 怪我やから仕方ないとはいえ、2横綱2大関が休場し、大関貴景勝が孤軍奮闘しているという、そこが盛り上がらん理由やな。
 喪中欠礼葉書は昼休みにまず葉書を買いにいき、岳父が亡くなった時のものを手直し。
 プリンタインクを明日買い、明後日には印刷をしてしまい、連休を利用して宛名書きをするとしよう。まあその前にたっぷりと午睡せねば。春眠暁を覚えずというけれど、今の眠さは春のそれと同じ感じやね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誰でも思いつく教材 [教育]

 朝から眠気がとれず。「100分de名著 伊勢物語」を見ながら朝食。いかん、内容があまり頭に入ってこん。
 往路の車中も本は読めず、目をつむって頭を空に。スマホでソリティアという気分転換もできず。
 出勤したらすぐに代打研修に行く際に持っていくべき書類を手渡されたり、私のかわりに加湿器の教室配備をしてもらう方を手配したり。結局、代打を依頼してきた教頭にお願いすることにした。予定を無理やり変更させたあなたに責任があるんやからね、とは口にはでけなんだけど。
 1時間目、2時間目と授業が続き、空き時間は教頭と加湿器配備に関する打ち合わせをしたり、早昼をとったり、すぐに退出できるよう準備をしたり。4時間目の授業は生徒にビデオを見せるという、昨日別のクラスでやったこと。いかん、立っていても眠い。
 授業が終わると、すぐに保健室に戻り、速攻で退出。なんとか一番早いバスに乗り、電車を乗り継いで深江橋へ。そこから少しだけ歩いて、定刻の20分遅れで目的地に。授業見学には間に合う。
 おおお、6年前に私が当時「現代社会」の授業でやらせたことと同じことをしている。NHKEテレの「昔話法廷」を使い、生徒たちに裁判員になったつもりで考えさせるというもの。これは次の年に2年生の「総合的な学習」に転用した。見せているエピソードは、私は「三匹の子豚裁判」やったのに対し、今日見せてもろうた授業では「浦島太郎裁判」やったという違いはあるけれど、生徒が記入するプリントの構成もほとんど同じ。
 まああの教材なら誰でもそういう形にしか展開させられへんわなあと思いつつ、自分の時はどんな感じやったかなと思いだしながら見学。
 そのあと研究協議もいろいろな意見が出た。私はこの研修に出るのは5年ぶり。まわりがすっかり若返っていて、やはりおっさんの出る幕ではないわいと思いつつも、この5年で積み重ねていったことをちょっぴり披露したりする。
 終了後、地下鉄で帰宅。やはり眠かった。乗り過ごしのないようにスマホで遊ぶ。帰宅後、マスクを洗うたあと、ついにダウン。ベッドに倒れこんでしばらく寝る。これは効いた。今は眠気は全くございません。
 起きてすぐに録画した相撲中継を見る。1敗の貴景勝と志摩の海はどちらも勝ってトップの座を譲らず。炎鵬が負けたあと腰をしきりに気にしていたのが気になる。夕食時もずっと相撲を流し続け、見終わったところでそろそろ喪中欠礼葉書の準備をと、今年年賀状をいただいた方の枚数を勘定する。妻にも数えてもらい、土曜日あたりに印刷、火曜には投函できるようにしたい。で、パソコンを立ち上げて以前岳父が亡くなった時の喪中欠礼葉書のデータを探したら、ないよ。ああそうか、職場で使用している外付けハードディスクに保存してあるか。日記を書く前にちょこちょこといじってやろうと思うたけれど、あてが外れたな。明日、放課後に確認しよう。それしかでけんしね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

研修の代打 [日常生活]

 火曜日というのに、もう週末のようにへばっている。一度冬になり、そしてまた秋に戻ったことなどがこたえているんやろう。
 1時間目は生徒にビデオを見せ、2時間目からは明日に予定している会議のレジュメ作り。と、管理職が保健室にやってきて、明日の午後、研修の代打に出てくれへんかという依頼。総合的な学習の担当者やないとあかんのやけれど、これまではずっと若手に出てもろうていた。そらそうです。定年前の私よりも、未来ある若者にこそ学ぶべきところは多いはず。
 一度は会議があるからと断ったけれど、どうしても誰かを派遣せんならんとのことで、受けることにした。今朝の日刊スポーツの占いコーナーに「異議があってもまずはしたがえ」という主旨のことが書いてあったけれど、このことかなあ。
 というわけで、明日の保健部会は中止。その連絡や段取りで空き時間がみるみるつぶれていき、4時間目の授業から戻ってきたあとも明日の仕事の調整などでどたばた。とにかく押し寿司やおにぎりの昼食を一気に取ってしまい、退出。
 実は今日ももとから午後は学校保健主事の情報交換会があって、4時間目が終わったら速攻で食事して、早めに退出する予定やったのです。
 なんやかやで出るのが遅くなり、蛍池の高校に着いたのは情報交換会が始まるその時。汗はぽたぽた、睡魔に何度も襲われるなどきつかったけれど、参考にさせてもらうことは多々ございました。
 阪急で梅田まで出てから、帰宅。ゆっくりと録画しでおいた相撲中継を見る。貴景勝と志摩の海が1敗を守る。見ものは炎鵬。千代大龍との立ち合いは、互いに手をついて腰をあげ、相手の様子を見ながら動きが止まる。行司はたいしたもので、待ったと声をかけるどころか、立ち合い成立の「はっけよい」を宣告。千代大龍は腰砕けみたいに寄り倒されてしもうた。やっと炎鵬らしい相撲が取れるようになってきたかな。夕食後は少し読書。
 早目にパソコンに向かうたつもりなのに、睡魔との闘いでこの日記を書くのにもえらく時間がかかってしもうた。
 今週は土曜出勤もあるし、こんなんで1週間もつのかしらん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -