So-net無料ブログ作成

京都芸大 [時事ネタ]

 今日も雨模様。朝から体がなんとなく重い。朝食をとりながら「100分de名著 ロジェ・カイヨワ『戦争論』」なんて重いテーマの番組を見たりしてるから、やないとは思うけれど。
 授業は午前中1コマのみ。午後からは超低速モードで教材作成や明日の授業の準備など。定時に退散。お山の学校を出た時はかなり強い雨が降っていたけれど、下界に降りたらあがってました。やはり山沿いはよう降るんやろうなあ。
 帰宅して、プロ野球中継を追っかけ再生で見る。いやまさか試合をするとは思うてなんだ。中止になるかどうか、携帯のタイガース公式サイトで何度も確認してたけれど、「18:00試合開始予定」と書かれている。いやあ、確かに甲子園は雨はあがってたけれど、昨日からかなり水を吸いこんでいたやろうに。さすが阪神園芸。試合は完封負け。3時間くらいで早々と終了。その後少し読書。
 新聞のニュースサイトを巡回していたら、京都で大学がもめているというニュースが。京都造形芸術大学が、来春から「造形」をはずして京都芸術大学に名称変更するとか。文科省の認可も受けたらしい。ところがこれに黙ってへんのは京都市立芸術大学。京都芸大なんて名前に変えられたら、混同されてしまうと訴えるそうな。市立芸大というたら日本でも有数の老舗ですからね。新興の私立大学と混同されたらたまったもんやないというのはわかる。地元の人間は「市芸」か「芸大」と略することが多いけれど、「芸大」と略せる大学が京都にもうひとつあったらそらややこしいわなあ。もっとも造形芸術大側は「瓜芸」と略して呼ぶから混同しない」と言うてるんやて。「学校法人瓜生山学園」が経営する大学なんで「瓜芸」なんやて。そんな呼び方が定着するかなあ。だいたい「瓜生山学園」なんて言われてもピンとこない人の方が多いと思うぞ。
 さて、これはどう決着がつくのか。一番問題をややこしくしているのは認可した文科省やないかなあ。文科省の官僚諸氏はなんで認可したんやろう。こういうもめ事になることは予想できたやろうに。市芸に恨みでもあるのか、何も考えてなんだのか。もしかしたら瓜生山学園も総理のお友だちで忖度があった、なんてことではないやろうけれど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。