SSブログ

岡田監督の弱点 [プロ野球]

 今日も好天、高気温。朝は早めに目覚め、ひたすら録画した深夜アニメを見る。BS12ではなんと「モスピーダ」なんて昭和のアニメの再放送をしている。タツノコプロがかなりレベルが落ちてしもうた時期のもので、これは見ていて辛い。オープニングが金田伊功さんというのが泣けてくるなあ。
 昼食後、少し午睡。アラームで起きてすぐに着替えて内科に行く。短時間しか午睡してへんのに寝汗がだくだく。のどはからから。診療後、血圧の薬を調剤薬局で受け取り、コンビニで少し買い物などをしてから帰宅。社説のダウンロードなどをしてから追っかけ再生でナイター中継を見る。今日もサンテレビ。真弓さんと中田さんが解説。真弓さんの解説が一番安心して聞ける。プレイヤーとしても一流、コーチ、監督の経験もあるので話の引き出しが多いのですね。そして言葉の選び方がうまいし、落ち着いた口調で悪目立ちもしない。厳しいことを言うていても、言い方には配慮がある。つまり常識人なんです。天才肌ではない。岡田はんはやっぱり天才肌すぎるんやなあと、真弓さんの解説を聞くたびに思う。試合は1点差で逃げ切って連敗ストップ。監督インタビューでサンテレビの村上アナウンサーが岡田はんに「阪神監督最多勝記録達成」のネタを振ると、なんかもごもご。記念のウィニングボールについて聞かれたら、「坂本から渡されたれたかなあ、誰やったか、坂本か」となんか歯切れがよろしくない。ボールをどうするかと聞かれ、「まあ、家に持って帰ります」とかいつもの「岡田節」とは程遠い。そうか、岡田監督の弱点は自分が正面からほめられることなんやなあ。今後インタビューするアナウンサーは参考にしていただきたい。
 試合終了後は寝床でスマホを少しばかりいじってから、パソコンに向かう。宿題は何とかなりそう。明日もこんなに暑いんかなあ。夏バテでほんまにしんどいね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。