So-net無料ブログ作成

機械の精神分析医 [SF]

 朝はいつもの起床時間に起きる。まだ眠たかったけれど、夜冷えこんだのかはばかりに無性に行きたく、起きてそのままリビングへ。1週間分の「なつぞら」を一気に見たあと、昨夜の深夜アニメをひたすら見る。さすがに疲れて、寝床へ。昼ごろに起きて、昼食を取ったあと、妻といっしょに出かける。
 阪急で京都へ。母の入院している病院に行く。元気そうにしていたのでほっとする。シャトルバスのダイヤの都合であまりゆっくりでけなんだ。
 阪急で帰阪。帰宅後、録画しておいたプロ野球中継を見る。ドラゴンズの大野投手にノーヒットノーランを食らい、完敗。昨日の大勝とえらい違い。ほんまにむらっ気のあるチームですよ、タイガースは。
 夜は録画した相撲中継を見る。むらっ気の隠岐の海が土俵際に何度も粘り、土つかず。いつもならあっさりと負けるようなところで何度も踏ん張るもんやから、テレビ解説のもと霧島の陸奥親方もびっくりして「こんな相撲を取る力士でしたかね」と本音をポロリ。貴景勝は連敗。立ち合いの変化にばったり。下半身はまだ万全やないみたいね。
 岡本俊弥「機械の精神分析医」(オンデマンド)読了。AIがあらゆるものに当たり前についている近未来に起こる様々な事件を描いた連作短編集。自費出版やけれど、amazonで買えます。岡本さんには若い頃いろいろとお世話になった。SF大会のスタッフとしてプログレスレポートやプログラムブック、アフターレポートなどの編集、執筆のお手伝いをした。「SFアドベンチャー」の新刊チェックリストのメンバーに推薦していただき、書評家として本格的にデビューさせてもろうた。ただ、創作に関してはお話をしたりしたことはなかった。数年前から創作を再開しはって、自ら一冊にまとめて出版しはったということですね。自分も書評をしつつも創作もするのでわかるんやけれど、書評家として名前が出たものが創作をする時、自らに課すハードルは自ずから高くなる。人の書いたものをああだこうだと書くからには、自分の書くもののレベルが低かったらしゃれにならんのですよ。それだけに、岡本さんは自分にどれだけのハードルを課してはるのかというところにも注目して読んだ。さすがであります。自費出版のレベルやないですね。早川や創元からハードカバーで出てたとしてもおかしくないレベルの短編集です。特に会社勤めが長かったので、社会人である登場人物たちの関係性などはリアリティがある。そこにAIの精神分析を行うのが仕事である人物が主人公となった話が軸となり、想定されうるトラブルがこれまたリアリティをもって描かれる。いやいやさすがでございます。自費出版ではあるけれど、「本の雑誌」で大森望さんが紹介していたのは、それだけのレベルのものやということの証左であるということですね。

 明日、9月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

失われた過去と未来の犯罪 [SF]

 愛すれどTigers「岩貞の復帰勝利でジャイアンツに連勝」を更新しました。

 週末からの疲れがなかなかとれず、お山の学校に着いたところでもうぐったり。そんなことは言うてられんので、とにかくギアをあげて授業に集中。放課後は会議などもあり、少しだけ残業。帰宅したらほっとしてへたっておりました。今日の「なつぞら」を見たり、読書をしたりして過ごす。
 小林泰三「失われた過去と未来の犯罪」(角川文庫)読了。世界中の人々の短期記憶がなくなるという事態が発生し、混乱が生じるけれど、外部記憶メモリを開発して、その人個人の記憶がメモリにたくわえられるという時代が訪れる。これだけやとアイデアとしてはそんなに目新しいものやないかもしれんけれど、そこは小林さんのことやから一筋縄ではいかんのですね。外部メモリを差し間違えたりというような事件を短編小説のように積み重ねながら、人間のアイデンティティとは何か、心とは何かというところにぐいぐいと踏みこんでいく。時にはユーモラスな事件として、ときには胸を締め付ける悲劇としてそれらは描かれ、ひとつひとつのエピソードがやがてつながっていき、さらに大きなテーマに拡大していく。「殺人鬼にまつわる備忘録」(幻冬舎文庫)でも記憶について扱うていたけれど、同じようなテーマでも全く違うアプローチ。ここらあたりの幅の広さはホラーからハードSFまでというレンジの広さにつながるものがあると思う。通勤の車中で駅についてもページを閉じることができず困りました。それくらい面白かった。ぜひご一読を。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

星系出雲の兵站―遠征―1 [SF]

 雨天の予報なんで、傘を持って出る。同じように傘をもって出勤、という人をちらほらと見かける。予報通り、昼ごろから雨。午前中の授業が終わり、昼休みに一服つけに外に出たら、豪雨です。この前から自分が外歩きをする時に豪雨になるというのが重なってるねえ。偶然なんやろうけれど。
 先週から今週にかけては、夏休み明け第一回目の授業というのが続いている。一応年間計画というのを作っていてその順番通りに授業を進めているんやけれど、夏休み前には定期考査があったり、短縮授業があったりして、単元の途中で長いブランクが空いたものというのが多い。1ヶ月半ぶりに前の時間の続きをするとか、今日の授業みたいに2ヶ月ぶりに続きをするとか、そんなのがけっこうある。ほんまにやりづらい。流れが完全に断ち切られているから、前に終わったところにもっていくのに通常の授業の倍以上のパワーを必要とするのですよ。今日気午前中はほとんど詰まっていて、一息ついてさて昼食というところで奨学金相談の生徒が仕事部屋を訪れたりする。むろん手を抜くことはできません。昼食後、しばらくへたってました。で、一服つけに行ったら先に書いたように豪雨でしょ。きつかったなあ。定時に退散。
 甲子園の試合が雨天中止になったので、帰宅後はテレビを見たり本を読んだり。
 林譲治「星系出雲の兵站―遠征―1」(ハヤカワ文庫JA)読了。シリーズ第2部開幕。第1部が正体のしれん異星人との宇宙戦争をこと細かに描いていたのに対し、第2部は膠着状態におちいった戦いの間に、その異星人とコンタクトをとる試みがこれまたじっくりみっちり書きこまれている。ただ、第1部よりかなり読みやすくなっているという感じがした。これ、おそらく林さんがかなり執筆に乗ってきたということなんと違うかな。第1部はうんうん苦しみながら書いてはったのかも。いや、勝手に想像しているだけですけどね。でもまあ、私も無理やり文章をひねり出すような場合、後から読み返したら読みにくいなあと感じるものね。それが証拠に、ちょこちょこと遊びも入っている。林さんは乗りはじめると遊びを入れたがるのですよね。例えば巨大ロボットを出してくるんやけれど、そのスケールは身長57メートル、体重550トンなんです。しかもパーツが5つに分かれるのです。私らの世代やったらわかる遊びです。何のことやらわからん方はアニメ「超電磁ロボ コンバトラーV」のエンディングを検索して動画を探してみてください。それ以外にも細かい遊びがちょこちょこと。次巻もこの調子で勢いつけて書いていただきたいと思う次第です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

危険なヴィジョン3 [SF]

 今日は人間ドックの日。したがって朝食は抜き。水分補給は認められているけれど、水で空腹を満たすというわけにもいかず。しかも新聞休刊日なので、出かけるまでの時間は昨夜録画した深夜アニメをただひたすら見るのみ。
 天六の病院なんで、自宅からも近く、余裕をもって出る。駅売店でスポーツ紙の即売版を買うけれど、読む間もなく到着。私の前に早くも一人待ってはったので、二番目。さくさくと検査は進む。胃カメラも多少えずきはするけれども初めてのんだ時と比べると雲泥の差くらいスムーズ。検査がすべて終わったあと、サンドイッチなどを用意してくれるんやけれど、胃カメラ用の麻酔が切れるまで空腹をこらえて待たんならんくらい早くすんだ。
 スポーツ紙はその間に読んでしまう。食後、お医者の先生に結果を説明してもらうまで30分以上待たんならん。その間はひたすら読書。説明では特に大きな異常はなく、すぐに病院にかからなならんということもないということで、一安心。もっとも、正式な結果が郵送されてくるまでは油断してはいかんのやけれど。
 昼過ぎには帰宅。さすがに疲れたので、すぐに午睡。少しばかり寝て、それから読書。
 夕刻、プロ野球中継はラジオとテレビのリレーで聞いたり見たり。今日はテレビ大阪。植草(長男)アナウンサーが定年前最後の実況ということで、江夏豊さんとの名コンビ復活。それはええけれど、サブチャンネルを使うても延長戦のため試合最後まではいらなんだのは気の毒やった。最後、引き分けるまでラジオで聞く。ああしんど。
 ハーラン・エリスン・編/浅倉久志他・訳「危険なヴィジョン3」(ハヤカワ文庫SF)読了。伝説のアンソロジーもついに完結。本巻はけっこう私好みの作品が多く、どこがおもろいのかわからんというようなものはなかった。バラードやラファティ、ディレーニなどの中にスレッサーのショートショートが混じってたりするのが面白い。で、3巻通じて感じたのは、翻訳によっておもしろさが違うんやないかということ。浅倉さんや大森望さんの訳は非常に文章がこなれていて内容がすんなりと頭に入ってくる。他の方は特に名前はあげんけれど、非常に読みづらい訳もあり何度も読み返してしまうものもあった。まあ、アンソロジーなんでいろんな作家の作品が収録されている上に、すべて書きおろしやったわけやから、自分好みかそうでないか差が出るのは当たり前なんやけれどね。ともかく、50年かけてついに訳業が完成したことを祝いたい。「危険なヴィジョンふたたび」は翻訳の予定はあるんやろうか。もし訳業が完成されたとしてもまた50年後やったら私はたぶん読まれへんと思います。出すなら早くしてね。

 8月18日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

精霊の木 [SF]

 盆休み2日目。朝はいつもよりゆっくり目に起き、深夜アニメ「ギヴン」や今日の「なつぞら」を見る。話がまた十勝に戻り、なかなか東洋動画にもどらん。私はアニメ草創期をどう描いているかが関心の中心なんで、菓子屋の息子(「海賊戦隊ゴウカイジャー」のゴウカイブルーの人)が誰と結婚しようがどうでもええのんじゃ。
 今日もまた昼食前に寝、昼食後はパソコンに向かい、それから読書。一気に読み切ってしまい、次の本に手をつける。読書の夏であります。
 夕刻にはプロ野球中継を追っかけ再生で見る。早い回に大瀬良から4点も取ったんでこれはいけると思うたら、カープ打線の集中力はすごいなあ。たたみかけてくるもんなあ。1998年の横浜ベイスターズのマシンガン打線もかくやとばかり。大敗しましたよ、今日も。でもね、メッセンジャーが無事帰国してきたし、彼の復帰は大きいぞ。
 上橋菜穂子「精霊の木」(新潮文庫)読了。作者の30年前のデビュー作が文庫化。作者は私と同い年なんで、26歳でデビューしたのですね。その頃の私は、小説では同人誌からの転載ながら一応商業誌デビューもし、書評のレギュラーもすでにしていたなあ。ただ、「作家になるんだ」という執念みたいなものが違うたかもしれんなあ。それはともかく、まだ異世界ファンタジーというものが日本に定着する以前のデビュー作なんで、異世界を設定するのにSF的な舞台を使わんとあかんかったんやろう。人間が住めんようになった地球から脱出し、異星に原住民がいたら、移住のために滅ぼしてしまうという時代、滅びかけている異星人の血をひく少女が、異星人復活のために「精霊の木」を探しにいく、というもの。SFとして読んだら、おかしなところはいくつかあるけれど、作者の書きたかったのは異世界ファンタジーで、SF的な設定はいわば借りものでしかなかったんやろう。まだ20代半ばで、のちの上橋ワールドを貫く異文化の衝突を早くもテーマとして扱い、きっちりとした構成で組み立てているんやからたいしたものです。もし本書が発行された時に私が書評を書いていたら。SFとしての欠点をあげて酷評していたかもしれんけれど、「守り人」シリーズや「獣の奏者」、「鹿の王」などを読んで、そしてあらためてデビュー作として意識して読むと、のちの上橋ワールドの萌芽があちこちから読みとれて、感心してしまうのですね。そういう意味では、代表作を一通り読んでから、その原点を見るという意味での文庫化なんやろうなあと思うたのであります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

日本SF誕生 [SF]

 昨夜は鼻の調子が悪く鼻ポンプのせいもあって息苦しく明け方早く目が覚めてしまう。朝食を取りながら昨夜録画した深夜アニメを見たりしているとむやみに眠くなり、結局寝なおす。昼過ぎに起きてきて昼食。それからパソコンに向かうたり、読書をしたりして、夕刻出かける。
 今日は鼻ポンプのお医者さん。血圧の状況などの問診をして、引き続き同じ薬と鼻ポンプの継続をするということに。平日の夕方で、混んでるかと思うたけれど、そこそこ。思うていたよりも早く帰宅。帰宅後はしばらく読書。
 夜は追っかけ再生でプロ野球観戦。連敗が止まり、やれやれ。今夜こそはしっかり寝たいですね。
 豊田有恒「日本SF誕生 空想と科学の作家たち」(勉誠出版)読了。数少なくなったSF第一世代作家である豊田さんによる回想録。自分史というほど綿密なものではなく、日本SF草創期の人々について、これまであまり外に出てこなかったエピソードが多く綴られていて、貴重な一冊。ただし、日本SF草創期の歴史的な事実をある程度頭に入れておいた方がより楽しめるという感じかな。「あなたもSF作家になれるわけではない」(徳間書店)の方がよりくわしい。本書はそれを補完するような感じかな。もっともこれは豊田さんの視点から書かれた本なんで、例えば福島正実さんの「未踏の時代」(早川書房)など全く別の視点から書かれたものを読む必要はあると思う。といえ、本書に多く掲載されているスナップ写真を見ると、かなりの割合で鬼籍に入られているので、筒井康隆さんや眉村卓さんにもこういう回想録を残しておいてもらえれば、と思う。それはそれとして、若いSFファンの方にこそぜひ読んでおいてほしい。できれば「あなたも――」なども復刊してもらいたいのだけれど。諸般の事情で早川書房が無理なら、東京創元社でもどこでもええから……あかんかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

5分間SF [SF]

 今日も1日奨学金申し込み業務。書式がちゃんとしていない生徒に、明日持ってきなさいと指導したら、アルバイトがあるから来られないと言う。その生徒にとっては自分の長期的な将来よりも目の前のアルバイトの方が大切に感じられるんやろうなあ。なんとかアクロバティックな方法で入力させたけれど、所得を証明するためのマイナンバー提出書を郵便局の窓口で簡易書留で出すようにというと、ポストに投函してはいかんのかと食い下がられる。マイナンバーという非常にデリケートに扱わんならん個人情報に関することについても、その重要性がわかってへんらしい。「そんなんやったら金なんか借りるな!」と怒鳴りつけたいのをひたすら我慢。こんな生徒ばかりやないんです。ほんの一つまみだけなんです。でも、その一つまみのせいでストレスがたまるのはかなわんよ。
 昨日までに申し込んだ生徒の情報入力などをしてから定時に退散。
 今日は天神祭。地下鉄の乗り換え駅はもう人出が多い。祭りを楽しむ気分にもなれんなあ。帰宅して、追っかけ再生でプロ野球中継を見る。外から花火を打ち上げる音が聞こえる。少しだけベランダに出て、花火を見る。花火好きの妻は夕食後の最後のやけくそうちの時にはずっとベランダで花火を堪能していたけれど、私はもうへたってテレビを見るのみ。タイガースは完封負け。よけいストレスがたまるなあ。
 草上仁「5分間SF」(ハヤカワ文庫JA)読了。草上さんクラスのベテラン作家でも、こんなSFクイズかと思わせるようなタイトルをつけんと売れんもんなんかなあ。しかも帯には「このオチを想像できますか?」と書いてあるけれど、草上さんの作風は切れ味の鋭いオチにあるんやないと思うがなあ。それよりも例えば「マダム・フィグスの宇宙お料理教室」などのように、アイデアの展開のさせ方で読ませる作家やと思うんやけれど。それぞれバラエティに富んだショートショートが16本。ドタバタあり、スリラーあり、そして心あたたまるものあり。たとえ最初からオチがわかるように書かれたものであっても、そんなん関係なしに楽しめます。ところで、裏表紙見返しの「草上仁の作品」と書かれたりすとには本書のタイトルし書かれてへん。のきなみ絶版なんやなあ。復刊フェアかなんかの際にせめて「くらげの日」あたりを復刊してくれんもんか。短編やショートショート中心という貴重な存在なんやから、早川書房はもっと草上さんを大切にしてほしいと思うぞ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

小松左京スペシャル「虚無回廊」 [SF]

 昨日のダメージはそう簡単には取れず。朝食時、NHKEテレ「100分de名著・小松左京スペシャル」を見る。今週は最終回で「虚無回廊」をとりあげる。ゲストに瀬名秀明さんを呼び、作品世界のSF面での深みや、もし完結していたらどうなっていたかなどについて、作家の立場から語ってはった。そこまで行くと、指南役の宮崎哲弥さんも踏みこめん領域やということかな。未完に終わってしもうたのがほんまに惜しい作品やということはたぶんSFを読まん視聴者にも理解でけたんやないかな。ストーリーも簡潔にまとめてあって、読んでみたいと思わせる内容でした。ちなみに、私は当時のブックストアサイト「bk1」の依頼で、全3冊の書評をしております。もし小松さんの目に止まっていたとしたら……いま読み返すと赤面ものですね。とはいえ4回で4話というのは、小松左京という存在を俯瞰できる意味はあるかもしれんけれど、作品世界の奥まで深読みしていくには時間が足りなさすぎたなあ。いずれ「果てしなき流れの果てに」か何か、4週にわたって読み解いてもらいたいものです。そしてその際はぜひ指南役は堀晃さんに!
 今日は2クラス分の生徒の予約奨学金申し込みを行う。助っ人も2人いてくれて、ちょっとあわてる場面もあったけれど落ち着いて対処できた。
 すべて終了したあとは昨日までに入力した生徒のデータ確認など。しんどくてかなりペースは落ち気味。定時に退散。いよいよ梅雨明けということらしく、帰路はむんむんと暑い。帰宅してプロ野球中継を見る。北條のホームランだけで負け。さて、どのタイミングでソラーテを一軍起用するのかな。やはり東京ドームのジャイアンツ戦、なのかな。
 今日は早目に寝ます。ああしんどい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

危険なビジョン2 [SF]

 大相撲小言場所「名古屋場所をふりかえって~4大関休場も、鶴竜優勝~」 を更新しました。

 今日は「たちよみの会」例会。朝から見られるだけのアニメを見、「仮面ライダー」「リュウソウジャー」を見てから家を出る。その足で参議院選挙に。どうせ今回も死票になるんと違うんかと思いながら、ごまめの歯ぎしりのつもりで投票。
 阪急で上洛。四条河原町の高島屋地階で仲人さんにお中元を贈る。昼食後、「フランソア」へ。古参会員Y氏が来てくれる。散会後、「丸善」で文庫と新書の新刊を何冊か買う。Y氏はこれから投票に行くとかで、そのまま流れ解散。
 夕食などに思いのほか時間がかかり、帰宅してから録画した相撲を見てしまうと、もうプロ野球中継も終了していた。相撲は上記「小言場所」に書いたとおり。鶴竜が白鵬に遠慮せず勝つ。だんだん白鵬のモチベーションが下がってきているように感じられるのは私だけかな。タイガースの勝利を見届けて、パソコンに向かう。
 ハーラン・エリスン・編/浅倉久志他・訳「危険なビジョン2む(ハヤカワ文庫SF)読了。さすがに半世紀前に編まれた書きおろしアンソロジーだけに、当時の作家たちの考える「危険なビジョン」が現在の感覚とずれてしまっているのは仕方ない。本巻は特にキリスト教に対する「危険なビジョン」が目についた。ここらあたりの感覚は21世紀の日本人たる私にはあまり理解でけへんのですよねえ。あと、性に関する「危険なビジョン」も正直現在の感覚では古臭く感じられたしね。ただ、それを補正できるのは各作品につけられたエリスンの序文とそれぞれの作者によるあとがきのおかげ、かな。とにかく1960年代初めのSFの置かれていた状況を知ることのできる貴重なアンソロジーであることは私が書くまでもないね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

小松左京スペシャル「ゴルディアスの結び目」 [SF]

 今日は祇園祭の山鉾巡行の日。雨が降らなくてよかったです。
 朝食をとりながら、NHKEテレ「100分de名著 小松左京スペシャル」を見る。今週は「ゴルディアスの結び目」。ナレーションではしきりに「小松左京の最高傑作」を連発していたけれど、私は「日本アパッチ族」や「明日泥棒」の方が傑作やと思うなあなんて、個人的な趣味は置いておくとしても、「果てしなき流れの果てに」とか「継ぐのは誰か」とか、「最高傑作」はいっぱいあるぞ。
 そこはまあ宮崎哲弥さんの趣味嗜好の問題で、「ゴルディアスの結び目」ももちろん「最高傑作」ですね。小松さんは「最高傑作」がとにかく多いのです。で、番組の方は非常にわかりやすく作品を読み解いていて、SFというと食わず嫌いの人もいてるやろうけれど、そういう人でも興味を持てるように解説していてよかった。お、来週の「虚無回廊」では瀬名秀明さんがゲストで出はるのですね。楽しみ。
 SFの世界にもう少し浸りたいところやけれど、現実はそうはいかん。今日ももちろんお仕事。短縮授業の関係で授業に行くことはなかったけれど、奨学金関係のお仕事山積。親睦会会計のお仕事も入りまして、時間を作って銀行に行ったりもする。なんやかんやで退勤時間。定時に退散し、帰宅してラジオでプロ野球中継を聞く。テレビ中継はCSのみ。ラジオを聞きつつ、画面を見たい時だけスマホでDAZNで見る。6連敗。ついに球児まで打たれたか。
 試合終了後、録画した相撲を見る。高安が休場。昨日なんとか勝ち越したんで、無理をせずに休むことにしたんやろう。怪我はかなりひどい感じやったから、その方がよろしいな。ただ、これで4人の大関がみんな休場。うーむ、これは予想外の展開。土つかずは鶴竜のみ。でも、鶴竜は時々ポカをするからなあ。白鵬独走になってない分、大横綱には悪いけれど面白い展開ではあるね。

 7月21日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ: