So-net無料ブログ作成

貴ノ富士と貴源治のいじめ [大相撲]

 今朝、日刊スポーツを読んでてびっくり。昨日書いた貴ノ富士への引退勧告の件の続報が載っていた。貴ノ富士は双子の弟の貴源治といっしょになって付き人の力士が物覚えが悪いのに対し、「おまえは障碍者か」とか「ニワトリ」などと呼び、「はい」と返事したら「ニワトリなんだから“コケ”と返事しろ」などと言うていたんやて。ほかにも「私は頭悪いです」と言わてスマホで動画を撮ってみせたり、「腕立て伏せ、罰金、外出禁止のどれかを選べ」と命令したり……。
 悪質ないじめやんか、これ。で、こういうのは貴乃花部屋時代にはなく、千賀ノ浦部屋に移ってから覚えたんやそうな。先代の千賀ノ浦親方はもと舛田山。その時分からやってたんかなあ。当代の親方のもと隆三杉は温厚な人柄で知られている人なんやけれど、まさか当代が部屋を継いでからということはないやろうな。
 協会は貴源治に譴責処分、師匠の千賀ノ浦親方には6カ月間、20%の報酬減額処分を下したそうやけれど、手を出す以上に陰湿で悪質やから、特に貴源治に対しては処分が軽すぎると思う。少なくとも来場所は謹慎させんとあかんやろう。いや、貴源治と貴ノ富士にはもう一度前相撲からやり直させるという処分をとってもええくらいやと思う。そして、協会としてこういう「いじめ」を把握せず放置していた責任をとり、理事長とすべての理事は解職し、平年寄に落とすくらいのことをしてもかまわんのやないか。
 貴ノ富士を引退させてことをすましたとしても、各部屋にこういう悪質ないじめ体質が残っているんやったら、それを一掃させるべきで、手を出すの出さんのという表面的な問題をとりあげて一力士にだけ責任を取らせておしまい、ではすまんと思うよ。
 あと、文科省は管轄の省庁として学校に対する「いじめ対策」と同じ対策を相撲部屋に対してもとるべきやろう。
 このことに対して、まだどの新聞も人権侵害問題として扱うてへんけれど、明日以降、各紙の論調がどうなるのか、注意して見ていきたい。
 不快な思いで出勤。午前中は試験監督が2コマ。少し事務作業をして、午後からは人権教育の研修会で大阪縦断の出張。あびこの教育センターで「集団づくり」に関する授業について他の学校の先生たちと情報交換。
 親方衆も人権研修を教育大にでも行って受けてきたらどないだ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

貴ノ富士と引退勧告 [大相撲]

 今朝、スポーツ紙に目を通していたら、2度の暴力事件を起こした大相撲の貴ノ富士の記事が掲載されていた。なんとスポーツ庁に提訴しているんですね。というのも、理事会と師匠の千賀ノ浦親方から引退勧告を受けたのに対し、それに対して異議を申し立てているのです。
 引退勧告を拒否したら懲戒解雇になるらしい。つまり髷を切らんならんという点においては変わらんわけです。
 貴ノ富士はその勧告が厳しすぎるので、情状酌量を願い出ているわけだ。
 なんでか。1度目の暴力事件(当時のしこ名は貴公俊)は、関取になり付け人がついたのでまるでどんなことも申しつけ、それができていないとわがままな気持ちで思うようにいかなかったので付け人をどついたのですね。貴ノ富士によると、今回は日常の礼儀などについて口を酸っぱくして指導してもなかなか耳に入れてくれんと、つい拳骨で頭を小突いてしもうた。暴力という手段に出たことは認めるけれど、今回のことで引退までさせられるのはひどいやないかというわけやね。
 貴ノ富士のいうことが正しいのか嘘をついているのかはわからんけれど、引退勧告はやりすぎやと私も思う。これが怪我をさせたとか土俵に上がれんようになったとかいうんやったらともかく、あまりにちゃんとしないんで警告を発した程度みたいやし、現に被害を受けたという力士は秋場所の土俵に立っているという。
 事件を起こしたら即トカゲのしっぽ切り。そして全体を統括する責任者の理事長や理事には何のおとがめもない。こんなんどれだけ繰り返してきたら気がすむねん。日馬富士の引退届は真相が解明されてもいないのに留保することなくすぐに受理し、先代の伊之助もそれまで一人立行司をおしつけておいて若い行司に対するセクハラが大きくとりあげられたら進退伺を受理してしまう。そうやって協会幹部は責任をみんな一人に押しつけて切り捨てることで自分たちは何の責任も取らずにいてる。
 貴ノ富士は双子の弟の貴源治とともに将来を嘱望されている若手力士やし、ここは理事長自ら出てきて貴ノ富士を指導するというようなことがでけんもんか。もうトカゲのしっぽ切りはやめてほしい。
 そんなことを朝から考えていたのでした。そら一日疲れますわなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

貴景勝はレアなケース [大相撲]

 朝夕めっきり冷えこむ今日この頃。半袖やと寒いけれど、日中はまだ半袖の方が過ごしやすい。体温調節が難しい毎日です。
 来週から前期末考査なので、今日と明日で前期の授業は終了。特に今日は半期開講科目の最終日に当たっていたので、終了後はほんまにほっとする。放課後はプリント採点などを少しばかり。単位確定となる成績を出さねばならんので、ここからが大切です。
 定時に退散。帰宅後、相撲中継を見る。貴景勝が10勝をあげて大関復帰を確定させ、また2敗で単独トップに立った。優勝で大関復帰を飾る可能性が高まってきたなあ。となると、小結で初優勝してその勢いで大関に昇進し、怪我で陥落したあと関脇で2度目の優勝を飾るということになる。これは非常にレアなケースやないかな。私の記憶では魁傑が小結で初優勝して大関に昇進、陥落後に平幕優勝をして、それをきっかけに再大関にという非常に珍しい例があるくらいですね。貴景勝の場合はまさかまた陥落して平幕優勝なんてことはなかろうから、ここからあとは大関として優勝していただきたいと思います。おっと、もう優勝は決まったみたいな書き方をしてしもうたぞ。そやけど、ここから隠岐の海や明生が巻き返して平幕優勝するという感じではないし、御嶽海や朝乃山も相撲が不安定。現時点では貴景勝おおいに有利と書いておきます。
 その後は追っかけ再生でプロ野球中継を見る。サンテレビの谷口英明アナウンサーはこの試合で実況を引退するという。落ち着いた声と安心して聞くことのできるぶれない描写は、東京の民放キー局のアナウンサーよりもすぐれていたと断言してしまうのであります。長年お疲れ様でした。近本がリーグの新人最多安打記録を更新して単独トップに立ったのはよいはなむけになったね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

むらっ気の隠岐の海 [大相撲]

 ここ数日の寝不足がたたってか、一日ずっとぼんやりとしていた感じであります。朝から雨で、傘をさして出たのはよろしい。職場玄関の傘立てに差しこんでおいたまま、それでも仕事部屋を出た時には「傘を持って帰る、傘を持って帰る」と呪文のように唱えていたのに、玄関を出る時にはすこーんと忘れて、バス停で傘を持って帰る人たちの姿を見て思い出す始末。取りに戻ったらパスを一本逃してしまうことになり、それよりも早く帰宅したかったから、そのままバスに乗る。
 午後、昼食を取ったあと、睡魔と闘う。半ば覚醒状態やのに、体が動いてくれん。いわば金縛りにおうた感じかな。あの時が一番苦しかった。
 帰宅して、まず相撲中継の録画を見る。横綱大関は3人とも敗れ、貴景勝も遠藤との一番で膝をついてしまい1敗。なんと6日目にして幕内の勝ちっ放しは隠岐の海一人となった。隠岐の海という力士はむらっ気があり、ええ場所は優勝争いにからむくらいの活躍をするのに、あかん場所はやる気あるんかというような負け方が続く。今場所はええ方の隠岐の海が出てますね。もともと実力のある力士だけに、このまま連勝を続けたらひょっとしたらひょっとするかもしれん。と、思わせておいてなんじゃこりゃという負け方をして失速することもある。ほんまつかみどころのないお相撲さんです。
 相撲中継を見終えて、プロ野球中継を追っかけ再生で見る。鬼門ナゴヤドームで苦手の柳を攻略して快勝。タイガースというチームも隠岐の海みたいにむらっ気ありまくりやなあ。
 というわけで、とりあえず多忙な一週間が終了。明日から3連休。土日は出る予定があるけれど、月曜は思い切り休むぞう。

 9月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

白鵬の衰え [大相撲]

 今日も少しゆっくり目に起床。日曜の朝はやはり「仮面ライダー」や「戦隊」などを見て過ごす。それからパソコンに向かい少しかきもの。昼食後、1時間ほど午睡して、ラジオでプロ野球中継を聞く。昨日同様テレビ中継はなし。放送の優先権を持っている大阪の局が放送予定から外したということは、もうタイガースはサンテレビを除く各局から見放されたということなんかな。
 時々睡魔に襲われながら、試合終了まで聞く。あと1点が遠く、カープに負け越し。
 今日から大相撲秋場所が始まる。幕下以下の力士は特に今日はどの力士も腰高であっさりした相撲。実際に初日に見に行って思うたことがあるけれど、初日というのは上から下までどの力士も力が入っていて手に汗握る相撲というのは非常に少ないねえ。大関復帰を狙う貴景勝は大栄翔との熱戦を制して初日白星。今日一番の熱戦でございました。白鵬は北勝富士に懐に入られてあえなく押し出された。解説の北の富士さんが「衰えというもの、かねえ」とぼそりと言わはったのが印象的。カド番の栃ノ心は逸ノ城にあっさりと突き落される。下半身に力が入ってへん感じやね。鶴竜と豪栄道は自分の相撲を取り切っていた。
 夜は録画したドラマ「いだてん」などを見る。とにかく蒸し暑く、今夜も寝苦しくなるのかな。早いとこ寝ます。プロ野球のテレビ中継がなかったため、思い切り午睡でけなんだのがきついね。

 9月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

白鵬と貴ノ富士のこと [大相撲]

 今日も暑い一日。梅雨が明けて夏がきたという感じですね。
 毎週火曜日は授業満杯で余裕のない日。夏休み明けの短縮期間が終わり、久々にフルで授業をしたら、放課後はもうダウン。校内の職員向け研修のために、講師として招く先生と連絡を取り合ったりする。定時に退散。
 帰宅して携帯でタイガースの試合経過を確認したら、落雷のため中断やとか。今日はCS放送以外はネット配信だけなんで、パソコンを立ち上げて「ニコニコ生放送」を見る。ダグアウトで待機している選手たちが楽しそうに選手のスイングのものまねをしたりしている。ベイスターズのロペス選手はジェスチャーで茶碗から箸でご飯を食べる仕草を繰り返し、おなかをなでさすって腹いっぱいのポーズをとる。日本で長く過ごしているとそんなポーズも自然に身に着くのですねえ。結局落雷で中止という珍しいことになりました。
 相撲では横綱白鵬関がついに日本国籍を取得。これで引退しても部屋を創設して弟子をとることが可能になるし、将来は理事長なんて夢も描けるやろう。さて、協会は白鵬関に一代年寄「白鵬親方」を贈呈するのかどうか。なんやかんやというて協会の危機の時に一人横綱として土俵を守った功績は認めなあかんと思うよ。これで本名も「白鵬翔」になったということで、これは曙さんやもと武蔵丸の武蔵川親方と同じパターンですね。
 相撲では十両貴ノ富士関が付け人に暴力を振るったとかで秋場所は謹慎に。貴公俊と名乗っていたときにも付け人に暴力を振るったということでそれがもと貴乃花親方の失脚につながったことは記憶に新しい。くわしいことはわからんけれど、同じ過ちをそう簡単に繰り返すような力士なんかなあ。インタビューの受け答えなんか聞いていたらそうは思われんのやけれど。被害者の序二段力士は実家に逃げ帰ったそうやけれど、情報が少なすぎてほんまに貴ノ富士関が度の過ぎた暴力を振るったのか、その序二段力士には問題がなかったのか。どの程度の暴力なのか、ようわからん。協会はそのへんをもっとちゃんと公開してほしい。双子の弟の貴源治関と同様、将来的に三役も狙える力士やと思うから、一方的に叩いて引退させてしまうようなことだけはしてほしくないなあ。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

もと大関の意地 [大相撲]

 毎年集中豪雨があるねえ。九州の方ではかなりきつい雨やったみたいやけれど、大阪は曇り。午前中は今週の「なつぞら」をまとめて見、昨夜録画したアニメをまとめて見、昼食後は午睡といういつものパターン。
 夕刻起きてきて、相撲中継の録画を見る。地上波の放送は豪雨関係のニュースと芸人の謝罪会見で十両の土俵は大幅カット。スマホでも見せてくれへんし、ちょっと扱いがひどいんやないですか。十両かて関取なんやから、幕内のように連続リプレイしてよ。幕内では、照強が立ち合い低すぎてばったりと前に落ち、優勝争いから脱落。このままいったら、明日は両横綱の相星決戦かなあと思うていたら、なんと白鵬が琴奨菊に寄り切られて敗れる。さすがもと大関。意地を見せてくれたねえ。インタビュールームにも呼ばれたんやないかと思うけれど、殊勲インタビューはなし。ここでも意地を見せてくれたなあ。逆に白鵬は琴奨菊をなめてたんと違うやろうか。今日のテレビ解説はもと霧島の陸奥親方。「まわしをとればなんとかなると思ってたんでしょうね」と、やんわりと「なめていた」ことを指摘してはった。北の富士さんやったらもっとはっきり言うてはるやろうけれど、親方はまあ協会の人ですからね。そうはっきりとは言われなんだかな。鶴竜は今日は御嶽海に相撲を取らせず。明日は鶴竜がすんなりと優勝するのか、白鵬が優勝決定戦に持ちこむのか。鶴竜関、遠慮はしたらあかんよ。どうもモンゴル力士は白鵬に遠慮するきらいがあるので、ちょっと心配。白鵬はきっと勝ちあげでも張り手でもなんでありで勝ちに行くやろうなあ。
 それから追っかけ再生でプロ野球中継を見る。タイガースは最終回に追いつかれてまた連敗かと心配したけれど、なんとかサヨナラ勝利。ああよかった。

 明日、7月21日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

安美錦が引退へ [大相撲]

 休み明けの火曜日は午前中は授業でぱんぱん。終了後は奨学金の書類を持ってくる生徒の対応に追われ、かなり遅めの昼食を取り、一服つけたらすぐ会議。気がつけばもう少しで終業時間。仕事をしようと校内イントラのパソコンを立ち上げようとしたけれど、教育委員会のサーバの調子が悪いのか立ち上がらへん。なんべんも試してたらあっという間に時間が過ぎる。仕方がないので、外部接続のパソコンに向かい、守秘義務の必要のないプリント作成をし始めるけれど、あまり時間がなく途中でやめて定時で退散。
 帰宅後、昨日のように相撲、野球、相撲の順番で録画を見る。元関脇安美錦が引退へという。うーむ。今場所、途中休場してしまい、関取の座を失うことはほぼ確定的やったからなあ。いや、それでもアキレス腱を切ってからまた土俵に上がり、再入幕して敢闘賞を受賞したんやから、すごいですよ。だましだまし相撲を取っていたけれど、卓越した相撲勘と技で若い十両力士の関門になっていたしね。全盛時の曲者ぶりを発揮するところまではいかなんだけれど。
 ただ、今朝のスポーツ紙によると、本人は幕下落ちしてもまだ来場所土俵に上がる気はあるみたいに書いてあったけどなあ。引退というのも正式な発表やなく、師匠の伊勢ヶ浜親方が報道陣に伝えたということやし、これは「幕下にまで落ちて相撲を取らせたくない」というという師匠の親心なのかもしれん。
 ただ、今場所、安美錦の姿を見られんのはなんか物足りないというのか、寂しいというのか、それくらいの存在感はまだあっただけに、もう少し現役の姿を見てみたいという気持ちはあるなあ。そやけど、これ以上相撲を取り続けて膝の怪我を悪化させたくないという気持ちもあるし。ちょっと複雑な思いで引退の報道を聞いていたのでした。

 7月21日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

宗主国の皇帝 [大相撲]

 大相撲小言場所「夏場所をふりかえって~朝乃山、平幕優勝~」 を更新しました。

 今日も完全休養日。朝はテレビを友とし、昼食前に少しパソコンで書きもの。昼食後はたっぷり午睡。昨日くらい寝たら、日曜日は午睡は短めになるんやけれど、今週は相当疲れてたんやろうなあ。
 夕刻、相撲中継を録画で見る。わずか数番を見るために米大統領としんぞう総理が取組のすべてを止めて入場。貴賓席には座らず、マス席に特別席を作らせ、そこに陣取る。警備のためにもう幕内の相撲が始まっているのに列をなして所持品検査で足止めを食らう観客の様子がうつされる。SPたちが大統領席を囲んで立っているので、正面側の席の観客は土俵が見えにくそうだ。
 なによりもこの人たちの入場で力士たちは待たされ、妙な空気の中で相撲を取らねばならなんだ。
 表彰式では総理も大統領も優勝力士よりも目立とうとしていた。天皇賜杯の重みも何もあったもんやない。大統領にへつらう総理の姿は、宗主国の皇帝と属国の王を思わせた。あんなもんに拍手なんかいらんと思うた。
 皇族の方々は、観客の邪魔にならんように弓取り式が終わるまで待ち、手を振りながら静かに退出される。品格の違いというのはこういう時にあらわれるのであるなあ。
 プロ野球中継の録画を見ながら夕食。中継時間が終わった残りは昨日と同様ニコニコ動画で見る。さあ、ゆったり過ごした貴重な休日は終わり。明日からまた多忙な日々が始まるのですね。しつこいようやけれど、10連休はいらんから、3連休を小分けにしていただきたい。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相撲の神様の悪戯 [大相撲]

 今日は完全休養日。朝早く起きて、昨日の相撲を見る。栃ノ心が朝乃山に辛くも勝ったかと思うたら、物言いがついて長い競技の結果行司差し違えで朝乃山の勝ち。うーむ、これは厳しい判定やなあ。悪くても取り直しかなと思うたけれど。結局この一番が優勝争いに大きく関係してくることになった。
 そのあと朝食を取りながら「なつぞら」のたまっているのを一気に見る。朝ドラというのは毎日ちょびちょび見るようにできているんであって、こんなふうにまとめてみるもんやないですね。それから昨日の深夜に録画したアニメを全部見て……。ああ疲れた。50代後半のおっさんがやることやおまへんな。
 昼食後、午睡。たっぷり眠る。疲れが捕れたかどうかはともかく、睡眠負債は少しましになったか。夕刻起きてきて、録画した相撲をまず見る。十両は貴源治が優勝。幕内は朝乃山が豪栄道に力勝ち。こうなると相撲の神様が降りて来たとしか言いようがないね。で、大関復帰のかかる栃ノ心は何が何でも勝ちたかったから、鶴竜を立ち合いの変化でかわして勝ち、朝乃山の優勝が決定。正直、栃ノ心の変化はせめられんのですよ、私。勝ったかと思われた一番を負けにされたら、相撲内容よりも星勘定を優先させたくもなろうて。昨日の相撲が取り直しになっていたら、今日の展開も変わっていたやろう。相撲の神様も酷なことをする。
 それから録画したプロ野球中継を見る。0-6で負けていたから、放送時間終了後の分はわざわざニコニコプロ野球のタイムシフト視聴はせんでもええかなと思うていたら、9回表、放送時間終了直前に糸井のホームランで3点差に。ビデオ終了後、すぐにパソコンを立ち上げてニコニコ動画で続きを見た。負けたけれど、1点差にまで迫るおもろい展開になった。タイムシフト予約はしておくもんですねえ。
 というわけで、テレビか寝てるかという一日でした。心の平安というのはこういう時訪れるものであるなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感