So-net無料ブログ作成
読書全般 ブログトップ
前の10件 | -

完訳三国志演義4 [読書全般]

 台風接近につき、朝から強風。とはいえ、大阪市内は昨年の暴風雨に襲われた時とは違い、予想していたほど風雨は強くなく、一安心。なにしろベランダで余裕で一服つけられるくらいやったからね。お隣さんなんか風を通すためか窓をあけたはったもんなあ。
 とはいえ、太平洋沿岸や東海、関東地方はかなり激しい暴風雨やったらしく、NHKは全日気象情報という感じでしたね。被害にあわれた方々に、お見舞い申し上げます。
 というわけで、朝から昨夜録画した深夜アニメを見、そのあと午前中に午睡。昼食後、パソコンを立ち上げてかきもの。東京ドームのCS第4戦は明日に順延になったので、腰をすえてかきものができる。
 夕刻、読書。でもまだ疲れが取れへんのやろう、少し寝てしまう。夕食後、妻と録画した番組を何本か見る。こういうときは外に出ず、テレビを友とするしかないです。
 羅貫中/立間祥介・訳「三国志演義 4」(角川スフィア文庫)読了。ついに完訳版を読み切った。本巻では孔明が泣いて馬謖を切ったり、五丈原で客死したり、死せる諸葛亮がいける仲達を走らせたりするわけですが、見どころはそこまで。孔明の死後は、ひたすら姜維が孔明の遺志を継いで戦うも魏には歯が立たず、凡庸な皇帝劉禅があっさり晋に降伏するてな感じで前半2巻と比べると山場もなく、魏から晋に玉座が譲られるところも、呉が滅亡するところも、同じようなことの繰り返しでいささか退屈。ダイジェスト版や少年文庫版で大幅に簡略化されていたのもわかります。でも、柴錬三国志では姜維を主人公にしたところもかなり面白かったという記憶があるから、そこは書き手の思い入れのなさ、なのかな。羅貫中がどこに力点を置いていたかよくわかる。柴田錬三郎は滅ぶことがわかっていながらただただ戦うことにしか身を置けなかった姜維の姿に美学を感じていたんやろうし、羅貫中は史書に書かれているまま三国が統一されるところまで書き切ることを主眼にしていたということなんやろうと思う。というわけで1ヶ月くらい三国志演義の世界にどっぷりつかっていたので、もうしばらく三国志はよろしい。いずれ気が向いたら宮城谷版三国志に挑戦してみようと思うけれど、今は他の本が読みたくてうずうずしております。つまりその、三国志は孔明が死ぬところまでで十分、というのが完訳版を読み通しての感想でありますね。月並みではありますが。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

完訳三国志演義3 [読書全般]

 今日は午前中は各学年の教科担当者会議。午後は全体の成績会議と単位認定会議と職員会議。すべてに参加して、特に何をしたというわけやないけれど、なんかもう疲れた。まあ先日来もめていた成績に関する疑問が解決したりしたので成果はあったかな。定時に退散。
 帰宅後、追っかけ再生でプロ野球中継を見る。今日はBS-TBS。試合終了まで延長で見せてくれた。ミスがらみで、タイガースが失点1。ベイスターズが失点2。ここというところでのミスが多かった方が負けるという、選手の緊張が見てる方にもろに伝わる試合やった。で、タイガースがCSファイナル進出決定。ほんまかいな。まだここまできてタイガースの試合を見られるというのはありがたい。でも、そのせいで書きものの方が全く進まん。どないしたもんやら。
 羅貫中/立間祥介・訳「三国志演義 3」(角川ソフィア文庫)読了。この巻で曹操、劉備、関羽、張飛ら主要登場人物が次々と亡くなり、主人公は諸葛亮に。戦は小競り合いばかりになり、目玉は本巻ラストでの「孔明、孟獲を七たび捕えて七たび許す」くらいですか。それにしても南蛮平定のくだりはすごい。当時の漢民族が「蛮族」をどのように見ていたか、南蛮国をどのようにとらえていたかがようわかる。まあ漢民族から見たら野蛮人やろうけどさ、あまりにもひどい書きようなんですねえ、これが。抄訳版や、現代の作家が描くとマイルドになる。三国志演義の完訳版やからこそ、差別意識が生々しく描写されるのですね。もっとも横山版三国志は演義の完訳版以上にひどいキャラクター造形をしているけどね。横山版のコスチュームは、「蛮族」というより「原住民」。というわけで、次は最終巻。孔明と仲達の仕掛け合いが完訳版ではどう描かれているのかを楽しみにしよう。それにしても長いですねえ。だんだん読むのに疲れてきたよ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

完訳三国志演義2 [読書全般]

 今日は午前中で成績処理を終了させる。午後は事務処理をいくつかしたあと、会議。定時に退勤。お山の学校のあたりは本降りで、置き傘をさして帰る。バスから電車に乗り換える時、もうすでに雨はあがってました。自宅最寄り駅に近づくにつれ、電車の乗客の傘の所持率がどんどん低くなってくる。通勤距離が長いと、こういうことはまあようあることですけどね。最寄駅で降りた時には、傘を持っていたのは私だけ。別に恥ずかしくはないし、自宅まで歩いている途中でまた小降りになってきたんで傘も無駄やというわけやないんやけれどね。
 帰宅後、妻と録画のたまっている番組を見たりして過ごす。ひと仕事終えて安心したのか、なんか眠い。今日は早目に寝よう。
 羅貫中/立間祥介・訳「三国志演義 2」(角川ソフィア文庫)読了。官渡の戦いから、蜀の使者、長松の訪問まで。この巻でついに諸葛孔明登場。三顧の礼から赤壁の戦い、周瑜の死と、三国志一番の見せ場がこの巻にぎっちりつまっている。そやから読むペースもぐんぐん上がるし、帰宅してからもすぐに手にとりページを開くことになる。とにかくテンポがよろしい。諸葛亮と周瑜の丁々発止のやり取りは、まるで講釈師の語りのよう。で、読んでいて気がついたんやけれど、これは近代の小説とは違う物語なんで、登場人物の性格づけにあまり一貫性がないのですね。その場面に応じて細かい矛盾が生じたりもする。特に曹操というのは行動に一貫性がない。臣下に苦言を呈されるとすぐに怒って首をはねさせ、殺してからしまったと気がついてはらはらと涙を流し……というのを何度も繰り返すのですね。学習能力がないんかと思うくらい。おそらく正史ではこんなんと違うんやろうと思うけれど、この物語では悪役なんで、これでよいのでしょう。劉備も義に厚い人の割には薄情なことをけっこうしているしね。近代の作家はそういうところを修正してそれぞれれの登場人物を一貫した人格として描いているということか。それはそれでええけれど、とにかく読み手を楽しませるためには多少の矛盾など平気でやり過ごしているあたりが楽しくもあるのです。当時の武将たちの忠義や倫理というもののええ加減さも、そういう時代やったのやろうななんて思いながら読んでおります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

完訳三国志演義1 [読書全般]

 愛すれどTigers「6連勝で逆転しCS進出」を更新しました。

 今日から10月。いわば衣替えの日やのに気温30度越えとはどういうことですか。今日は一日サウナ状態の仕事部屋でひたすらプリントや成績表と格闘。特に手元の閻魔帳と校内LANに記録されている出欠記録とに食い違いがあってはいかんから、パソコンのモニターの小さな字を凝視して欠席の日の日付と回数を確認する作業が一番きつかった。
 というわけで、大量にあったプリント採点はほとんど終了。明日はスタンドアローンのパソコンでエクセルによる成績処理をするのみ。これがまた神経を使うんだ。ああしんど。
 定時に帰宅し、ごろごろだらだらしながら録画した番組を見たり本を読んだり。ブログがプロバイダの都合でドメインが変わるので、登録のしなおしもせんならんけれど、めんどうですねえ。まあ無料で使用できるブログなんであまり文句は言えませんが。
 羅貫中/立間祥介・訳「三国志演義 1」(角川ソフィア文庫)読了。かつて徳間文庫より出ていたものの再刊。ただし、徳間文庫ではもう少し一冊が薄かったけれど、合本にして全4巻にしているので、各巻ボリュームがある。1巻は黄巾賊の乱から官渡の戦いまで。
 以前書いたように、吉川三国志も柴錬三国志も横山三国志も読み、子どものころに初めて読んだ「少年少女世界の名作」のリライト版から、ついこの前には駒田版ダイジェスト、そして少年文庫版抄訳と繰り返し読んでいるから、話の筋はだいたいわかっている。そやのにこの完訳版、めっぽう面白い。本筋とは関係ない小競り合いなども細大漏らさず描写されているのが面白いのです。例えば袁紹の死後、その息子たちが兄弟で後継者争いをし、そこにつけこんで曹操が袁家を滅ぼしたりするくだりなんて、これまで読んだ記憶がない。本家の三国志演義ではそういう細かなところまでちゃんとけりをつけんと気がすまんという感じなのですね。あ、第1巻ではまだ袁紹死んでへんわ。今書いたのは第2巻のはじめの方で出てきます。それからほんまに簡単に人は死ぬし、「水滸伝」の完訳を読んだ時に驚いたけれど、人肉食の場面も出てくる。これはさすがにどの作家も割愛してますなあ。というわけで、講釈師の語りをまとめただけに、調子がよく、間に漢詩がはさまったりするのもいいね。諸葛孔明は2巻から登場する。かなり分厚いけれど、全体の四分の一の段階でまだ本格的に話は盛り上がってないのです。やっぱり完訳本は読んでおくものですねえ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

少年文庫版三国志 [読書全般]

 今日から前期末考査。試験監督に会議の資料作成、会議、校内研修と落ち着かぬ一日。週の初めからくたくたになって帰宅。
 帰宅後、プロ野球中継を追っかけ再生で見る。優勝が決まって調整のつもりのジャイアンツには負けられんとばかりに必死で食らいつき、5人の投手をつぎ込んで完封リレー。梅野と福留のホームラン、近本の盗塁もよかったけれど、引退を表明した阿部対藤川球児の最後の対決にはしびれたなあ。球児が全部火の玉ストレートで勝負すれば、阿部はライトポールぎりぎりのところまで飛ばす大ファール。そして最後はフルスイングで空振り三振。こういうシーンを見るだけで余は満足じゃ。BS1のサブチャンネルではライオンズの優勝決定試合を中継。辻監督の胴上げも見ました。ライオンズファンのみなさん、おめでとうございます。来年は矢野監督の胴上げを見たいなあ。
 羅貫中/小川環樹、武部利男・編訳「三国志 上・中・下」(岩波少年文庫)読了。小川氏の訳した岩波文庫版の完訳版「三国志演義」をベースに、武部氏が少年向けに約半分の分量にリライトしたものと、上巻のまえがきにある。駒田版のあらすじを追ったものよりももちろんボリュームがあり、物語としての盛り上がる場面はしっかりと描かれている。完訳版を読んでないので比較はでけんけれど、分量といい、過不足のないリライトといい、読みやすい文章といい、大人であってもこの3巻あれば十分楽しめるんやないかと思う。「三国志」を読み尽くしたいというなら完訳版やいろいろな作家の書いたものを読んでいけばええと思うけれど、例えばゲーム等でしか「三国志」を知らん人がちゃんとストーリーを知りたいと思うのなら、これがお薦め。作家が書いたものは、原著にはない場面があったり、その作家の個性がはっきりと出てしまうから、かえってよくないかもしれんね。
 抄訳やけれども、やっぱり「三国志」はおもしろい! それを再確認させてくれる名訳やと思います。さて、次は完訳「三国志演義」を読むぞう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ダイジェスト版三国志 [読書全般]

 今週も朝から「なつぞら」今週分をまとめて見、昨夜録画した深夜アニメをたっぷり見る。
 昼前に出かける。今週も入院中の母の見舞い。病院の慰問コンサートがあったので、母がボーカルの歌声を楽しんでいる間に、シャトルバスの発車時間に合わせて病院を退出。往路の特急は座れなんだけれど、復路は座れたので少しうたた寝。
 帰宅してプロ野球中継を追っかけ再生で見る。試合はテンポよく進み、テレビ中継時間内に余裕でおさまる。投手戦の締めくくりは北條の決勝ホームランで勝利。
 その後は相撲中継を見る。隠岐の海の相撲は取組の中で遠藤のかかとが土俵の外に触れたということで軍配が隠岐の海にあがる。それに気づかず相撲を取っていた両力士はそのまま取組を続け、遠藤が隠岐の海を下していた。テレビのリプレイでははっきりとかかとは出てへんし、なんか釈然とせん相撲になってしもうた。貴景勝と隠岐の海が2敗で並ぶ展開に。
 羅貫中/駒田信二・訳「三国志」(講談社青い鳥文庫)読了。このまえ「愛と欲望の三国志」を読み、また、高井信さんが「三国志」にはまっているのをブログで読んで刺激を受けたりして、もういっぺん読み直してみようかなと手に取ったのが、駒田版三国志。小学生高学年以上が対象のダイジェスト版。必要な出来事はもれなく記述してあるんやけれど、なにしろ「三国志演義」の原本は大量ですからね。それを大きな活字で280ページにまとめてるわけやから、ほんまに単なるダイジェストにしかなってへん。あらすじを読まされている感じ。劇的な場面や感動的な場面なども盛り上げるような書き方をしてへんから、これやと「三国志」とはどんな話かという骨子はわかっても、その魅力がはたして伝わるかどうか。私は小説では吉川英治版と柴錬版を、マンガでは横山光輝版を読んでいて、それぞれを非常に楽しんで読んだ。それだけに、駒田版の素っ気なさにはちょっと耐えられなんだ。ただ、あれだけ入り組んだ物語のあらすじが非常に簡潔にわかるというこのダイジェストの腕はさすがですね。さすが直木賞作家。その点においてはすごいと思う。日本の作家が自分流にアレンジした「三国志」がほんまはどんな話なんかということを確認するのには絶好の一冊、なんていうと訳者に叱られるかな。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:

貧乏神あんど福の神 [読書全般]

 今日で前期の授業はすべて終了。来週の週明けからは考査などでしばらく授業はなし。ほっとしたのか気温の変化に体がついていかへんだけなんか、とにかくだるい。週明けの会議の時程調整や打ち合わせなどで少し残業。退出時には雨が降っていた。
 帰宅後、相撲中継の録画を見る。幕下では千代の国と照ノ富士という怪我で陥落した力士同士が相星対戦。もと大関の照ノ富士が敗れる。幕内では貴景勝が豪栄道の投げに足がついていかず3敗。これで4敗力士にも優勝のチャンスが巡ってきて優勝争いはますます混沌としてきた。貴景勝の怪我はやっぱりまだ完治してへんのやなあ。
 田中啓文「貧乏神あんど福の神」(徳間時代小説文庫)読了。新シリーズの開始。裏長屋に住む内職で生活する絵師、葛幸助は貧乏神と呼ばれ、花街で小判をまく謎のお大尽、お福旦那が福の神と呼ばれる。金に執着しない幸助をお福旦那が気に入り、大坂の町に起こる怪事件を二人が知恵を出し合うて解決するというもの。幸助の家にはキチボウシという厄病神が住み着いている。ミステリ風味の時代小説なんやけれど、登場人物はいろんな落語からいただいてきている。お福旦那が小判をまくのは「莨の火」の「飯の旦那」からそのままいただいているし、廓慣れしてへん男をたぶらかす女郎の小照は名前もそのまま「三枚起請」の小照をモデルにしている。丁稚の亀吉と番頭のやりとりなどは落語そのままの息やし、集英社文庫の「鍋奉行」「浮世奉行」シリーズよりも上方落語趣味が色濃く出ている。むろん落語を知らんでも楽しく読めるけれども、知ってたら思わずにやりとしてしまう。本書ではまだお福旦那の正体が明らかになってへんけれど、続巻が出たらそのあたりもおいおいわかるようになってくるんやろう。そのためには本書が売れてくれんとあかんわけで、続きが読みたいからみなさん買いましょう。別に田中さんから頼まれてるわけやないですよ。それにしても田中さんがこれだけ一般大衆向けの作品を次々と発表するようになるとは昔は想像もしてへんだなあ。そやからというて田中さんらしさが消えたわけやないのは(スーパーファンタジー文庫時代から)長年読んできた読者としても嬉しいことですね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

世界の神話 [読書全般]

 空き時間は多かったけれど、事務作業や会議の日程調整、放課後の会議とそれなりに細々とやることは多かった。かなり過ごしやすくなってきたとはいえ、日がさしてきたらそれなりに暑いねえ。なんとか定時に退散。
 帰宅後、相撲中継を録画で見る。2敗力士がばたばたと敗れ、残ったのは貴景勝と明生のみ。幕下では照ノ富士6勝目をあげて明後日の全勝優勝を狙えるところまできた。表情に自信が戻りつつあり、体の張りもよくなってきた。早く幕内に戻り、再大関を目指してほしいものです。
 その後はプロ野球中継を追っかけ再生で見る。今日はサンテレビ-ABC-サンテレビ・KBS京都のリレー中継。1点差を逃げ切って連勝。近本が新人の安打記録で長嶋茂雄さんと肩を並べる。この調子で161安打までのばしてプ野球記録第2位までいってくれよ。
 沖田瑞穂「世界の神話」(岩波ジュニア新書)読了。インドに始まり、メソポタミア、エジプト、ギリシア、ケルト、北欧、インドネシア、中国、オセアニアから中南米、そして日本の神話のキモを紹介し、古代の人々が神話にどのような思いをこめていたのか、その共通点と相違点をわかりやすく説く。神話のダイジェストの選択が適切で、同系の神話が伝播していった様子もよくわかる。ゲームやアニメ、ライトノベルなどに用いられる神や伝説などの元ネタは本書を読めばほとんどわかる。そして原型となった神話の方がもちろんおもしろいことはいうまでもない。ええ大人でも知らんことがようけ書いてあり、実にためになる。帯に書かれた「個性的な神々と、美しくも恐ろしく、そして聖なる物語」という惹句が、本書の面白さを端的にあらわしているのです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたを見てます大好きです [読書全般]

 今朝は少しゆっくり目に起きて、例によってテレビを友とする。昼前に出立し、「たちよみの会」の例会に。今月は古参会員Y氏がきてくれて、あれこれと雑談。Y氏は仕事のため少し早く席を立ち、私も少し早目に「フランソア喫茶室」を出る。その足で「丸善」へ行き、新刊文庫や新書を少しばかり購入。早目に帰阪。とにかく往復どちらの特急も座れず、少しは居眠りしようと思うてたけれど、それもならず。
 帰宅して、録画しておいたプロ野球中継を見る。必勝リレーで勝ったと思うたら、まさかの逆転負け。相手は優勝目前のチーム。勢いの違いというのがはっきり出たねえ。そのあと相撲中継の録画を見る。横綱鶴竜が休場。これで貴景勝や栃ノ心は黒星の可能性が1つ減ったことになるか。隠岐の海が8連勝で早くも勝ち越し。どこで失速するのか、このまま千秋楽まで突っ走るのか。
 ローラ・シムズ/国弘喜美代・訳「あなたを見てます大好きです」(ハヤカワミステリ文庫)読了。不妊治療がうまくいかず夫との関係が悪化して離婚目前の大学非常勤講師の女性が、だんだん精神的に追い詰められていく。心の支えは近所に住む女優。いつか仲良くなるという妄想を抱きつつ、ストーカーまがいのことをしでかしたりもするようになる。そしてついに追いつめられた彼女は……という話。作者は詩人で、小説はこれが第1作。主人公が追いつめられていく描写はなかなかよく描けているんやけれど、それでも惜しいことに「狂気」を感じさせるところまでいってへん。心理スリラーということで期待して読んでみたんやけれど、すべてが予想通りに展開するので、スリルを感じさせへん恨みが残るのですね。何がどうなってこんな目に遭うんやという出口が見えん展開ならスリルを感じることもできるんやけれど。結末に関してはここでは書かんけれど、予想を覆すほどショッキングなもの、というところまで行ってほしかったなあ。新刊案内に書かれていた紹介文を読んで期待していただけに、いささか食い足りなんだのが残念であります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

愛と欲望の三国志 [読書全般]

 今日は一気に涼しくなり、建物の外に出ると肌寒いくらい。そやけど仕事部屋はまだなんかもやーっと残暑。過ごしやすくなって体が動くかというとそうでもなく、逆にホメオスタシスなるものが驚いたかなんかして超低速モードでしか仕事ができません。それでも今日は定時に退散。今週初めて定時に帰れたよ。
 帰路、内科医に寄る。鼻ポンプのデータなどを見てもらいつつ、治療は継続。定時に帰っても医者に寄ったからやっぱり帰りは遅くなってます。
 帰宅後、例によって相撲中継を見、プロ野球中継を見る。見始めたのが遅いから、見終わるのも遅い。相撲は鶴竜に土がつき、勝ちっ放しは貴景勝と隠岐の海だけに。幕下ではもと大関の照ノ富士が3連勝。場所ごとに体の張りが戻りつつあり、相撲に力強さが戻ってきている。初場所くらいには十両に戻ることもできるんと違うやろうか。今場所は貴景勝の大関復帰と照ノ富士の相撲に注目という感じやね。
 箱崎みどり「愛と欲望の三国志」(講談社現代新書)読了。著者はニッポン放送のアナウンサー。ただし、大学院での研究対象は三国志という。本書ではまず著者からみた三国志の魅力が語られ、ブックガイドがある。ここまではいわば「つかみ」ですね。その後は日本に三国志が入ってきたのはいつごろからかという考察が始まり、日本における三国志の受容史をたどる。特に江戸時代は「通俗三国志」という訳本に人気が出て、歌舞伎、文楽、戯作、駿がに至るまでそのパロディや翻案が次々と人気を博する事態となる。明治以降は諸葛孔明が忠義の人として国定教科書にとりあげられるようになり、昭和に入り日中戦争がはじまると、吉川英治らによって「中国を知るためのテキスト」としてさまざまな三国志が出版されるようになる。孔明が偉人伝のシリーズに多く入ったりなんかもする。現代とは全く違う読まれ方をしているのですね。ページ数の都合などからかいささか概要だけで終わっているという感じはしなくもないけれど、とにかく著者の三国志への愛情がどかんと詰まった一冊。アナウンサーの仕事と子育てをしながらこれだけのものを書いたんやからたいしたものです。タイトルの意味は、これは読んでみないとわからんのでここには書きません。三国志の研究本は数あれど、こういう切り口のものはたぶんほとんどないんやないかな。そういう意味では貴重な一冊ですね。

 9月15日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書全般 ブログトップ