So-net無料ブログ作成
テレビアニメ ブログトップ
前の10件 | -

BEM [テレビアニメ]

 今日は平年並みの気温。少し薄着にしていたら肌寒いくらい。風邪気味弱り気味は変わらず。改源を呑んでもたせるけれど、授業がぱんぱんにつまっていてきつかった。放課後は、漫研の部誌の追加印刷を頼まれていたので、印刷屋のおっさんに変身。定時に退散。
 どうも本を読む気になれず、車中では本日発売の「週刊朝日」を隅々まで読んでいた。気力体力ともに弱っているということかな。
 帰宅後は妻とともに録画したアニメ「BEM」の最終話を見たりする。これは「妖怪人間ベム」の再リメイク。巨悪の妖怪人間を登場させ、それの支配下にある警察組織がベム、ベラ、ベロを人間の敵として追う。ベラは少女という設定、ベロは世をすねたようなキャラクターに変えている。いろいろとやりたいことはあったんやろうけれど、話数たらずですべてになにか中途半端な感じで終わってしもうた。製作スケジュール的にもきつかったのかな。第4話くらいまで放送したあと、再放送を何週かして時間稼ぎみたいなことをしていた。2クールくらいかけて人間になれない妖怪たちの苦悩などをもっともっと掘り下げられたやろうに。ただ、かつかつのスケジュールの中でなんとかやりくりしていたとしたら、とても2クールはもたなんだかもしれんね。それと、私の子どものころに見た「妖怪人間ベム」は作画も稚拙でストーリーも雑やったけれど、なんともいえんおどろおどろしい雰囲気だけはあった。今回の「BEM」はきれいすぎてあの根源的な気持ち悪さのかけらもなかったのが、おっさんとなった私としては残念であったのですよ。
 寒いので風呂で体を温めて湯ざめせんように厚手の寝間着を着て早く寝ることにしましょう。

 10月20日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

歴史秘話るーみっくわーるど [テレビアニメ]

 愛すれどTigers「ジャイアンツの前にリリーフ陣力尽きる」を更新しました。

 風邪気味らしい。朝は鼻の調子が悪く、鼻ポンプが突如空気を激しく送りこんできて目が覚めた。それでも比較的ゆっくり起きてきたのではありますが。昨日の深夜に録画したアニメ「ヴィンランド・サガ」や「ひそねとまそたん」の再放送などを見たりして、朝食後、早目の午睡。昼食後、パソコンを立ち上げてかきもの。タイガースががんばってくれたおかげででけてなんだかきものをなんとか少しでも挽回すべくパソコンに向かう。疲れて寝床に横になり少し読書し、またパソコンに向かい……を繰り返す。
 夕食後は妻といっしょに今日の夕方BSで録画した「歴史秘話るーみっくわーるどヒストリア」を見る。これまでも「機動戦士ガンダム」「プリキュア」を、「歴史秘話ヒストリア」のフォーマットで解説してきたシリーズの、高橋留美子版ですね。また後日地上波で同じものを放送するようなので、ここではくわしく書かんけれど、高橋留美子原作のアニメということで「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」「犬夜叉」「境界のRINNE」「高橋留美子劇場」を解説していくという形なんやけれど、これらは製作したスタジオも違えば、脚本家や監督もそれぞれ違うわけで、「るーみっくアニメ」とひとくくりにしてしまうのは乱暴やないかと感じた次第。これらの作品について語るならばまず原作であってアニメはあくまで副次的なものとして扱うべきなんやないかなあ。必ずしもすべてのアニメが高橋留美子作品の魅力を忠実に再現しているわけやないし、「うる星やつら」に至ってはオリジナルストーリーも多々あるわけで。よほど好きな方がNHKにはいてはるとおもうけれど、こじつけたような番組作りはどうなのよと思う。それなら「なつぞら」にひっかけて、「東映長編まんが映画」を若い人たちに紹介するという方が時宜を得ているんやないかなんて考えた次第。

 10月20日(日)は、「たちよみの会」例会です。多数のご参加をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

リメイク版「どろろ」終了 [テレビアニメ]

作品展示館「夢バイト」(SFハガジン126号掲載) を更新しました。

 今日は授業はすいていたけれど、育英会関係の事務作業でほとんどつぶれる。とはいえ、明日からG20サミットのため、2日間休校なので、今日中にすませて生徒に渡さねばならん書類に関わる作業やったんで、なんとか間に合うてよかったよかった。
 昼休みに3年生がきて、昨日欠席してたんで奨学金の説明をしてほしいと申し出てきた。ああ、昨日の日記に書いたとおりになってしもうた。まあ、やむを得ん。放課後はくだんの生徒に対して大学予約奨学金の説明。これで同じことを話すのも6回目。それでも生徒にとっては大切な話やから、一切手抜きなし。終了後はもう脱力。定時に退散。明日からは休暇を取ったので、ゆっくり休もう。
 というわけで、昨日予告したリメイク版のアニメ「どろろ」が完結したので、ちょっとばかり感想を書いておく。
 あえてキャラクターデザインを手塚先生の絵にしなかったのは、私はよかったと思うている。以前にも書いたけれど虫プロ版のキャラクターデザインは北野英明さんで、こちらも手塚先生の絵とは全く違うタッチやったしね。
 リメイク版の面白さは、百鬼丸と父の醍醐景光や弟の多宝丸との関係をかなり濃密に描いているところ。原作では百鬼丸が妖怪を倒して自分の体を取り戻していくというだけやったのが、今回のリメイク版では、そのたびに豊かやった醍醐領がもとの荒廃した土地になっていくというのが加わっていく。これには私もはたとひざを打った。景光が鬼神に百鬼丸の体を分け与えたのは、自領を富ますためやったわけやから、鬼神が倒されるとその神通力も消えるのは道理やね。
 他にも目の見えない百鬼丸が感じている生き物の生気や鬼神の妖気をうまく絵にしていたり、原作では冒頭に出てきただけの寿海医師を最後にもう一度百鬼丸と再会させたり、琵琶丸をレギュラーとして出してどろろたちに指針を示す役割を与えたりと、登場人物の使い方もうまい。
 実は原作は途中で掲載誌が変わって設定の変更があったりしたこともあって、現行の単行本ではかなりいい加減にすませているところや矛盾点が残っていたりするんやけれど、シリーズ構成と脚本の小林靖子さんはそこらあたりの整合性に徹底的にこだわっている。物語そのものに関してはかなり原作に忠実に進めていて、原作を非常に尊重していると感じた。キャラクターデザインでは、足の指の形が手塚先生の原作と同じなんですね。「テヅコミ」のインタビューで、キャラクター原案の浅田弘幸さんがそこにはこだわったのだと言うてはった。ネット上での評では「換骨奪胎」なんて書いている人がいたけれど、とんでもない。それやったらこのリメイク版は全く別作品になってしもうてるはずやないですか。そうやなく、あくまでも原作を尊重した上で、きちっと納得のいくものに仕上げようというスタッフの気概を私は感じたね。
 録画に失敗した「絡新婦の巻」を除いて、実はまだ録画したのは削除してへんので、時間が許せばもう一度見直したい。関西では地上波で放送してへんから、もしかしたらどこかの局で放送するかもしれんので、そしたら今度こそ「絡新婦の巻」も録画したいなあ。
 というわけで、まだ見てはらへん方はBDを借りるか、アマゾンプライムで視聴するかしていただきたい。手塚ファンやない方にもむろんお薦めいたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

リメイク版「どろろ」開始 [テレビアニメ]

 今日は「全校集会」という名の始業式。午前中は実力テストの監督など。午後からは事務作業が中心に。お山の仕事部屋は冷えますねえ。
 昨日の深夜録画したアニメ「どろろ」の第1話を見る。むろん新作。リメイク版というところです。虫プロ版はモノクロやったので、なかなか再放送もしてもらわれへん。リアルタイムで見た時は「どんぶりばら」が怖くてテレビの前で泣いたという記憶がある。それくらい迫力があったのです。
 手塚作品のリメイクは難しいとみえて、特に手塚プロが製作したものは手塚先生の原作に忠実にしようとするあまりただ上っ面をなでたようなものになりがちやなあといつも思うていた。
 今回の「どろろ」はMAPPAと手塚プロの共同制作やけれど、絵柄は手塚色をあまり出してへん。それでええんです。虫プロ版も作画監督は北野英明さんで原作よりも劇画タッチのキャラクターデザインになっていた。
 シリーズ構成・脚本は小林靖子さん。これが実によろしい。原作の展開を生かしつつ、内容を掘り下げている。原作では醍醐景光は天下をとるという野望のためだけで魔物たちと契約をしたんやけれど、今回の作品では苦しむ領民を助けたいという思いもこもっている。魔物との契約のおかげで百鬼丸は体の部位を魔物に奪われてしまうわけやけれど、今回は魔物を倒して自分の体を取り戻すと、魔物の力で封じられていた醍醐領の災害が封印を解かれたように起こってしまう。ここらあたりのジレンマを百鬼丸がどう向き合っていくかがポイントになるんやろうね。
 リメイク版ではがっかりさせられてしまうものがけっこうあるんやけれど、今回の「どろろ」は一味違う。どのような展開になるのか楽しみ。関東以外では地上波での放送がなく、BS11でしか見ることがでけんので、BSのチューナーのない方は見られへんのですね。我が家はマンションぐるみでケーブルテレビと契約しているので、BS放送も見られるのがありがたい。見られん方はDVDやBDが出てレンタルされるまでお待ちください。
 あ、宣伝してるみたいやけれど、私のふところには一銭も入ってきませんよ、念の為。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

隠された空中都市 [テレビアニメ]

 朝は朝食をとりながら、2年ほど前に録画してそのままになっていたアニメ「ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜」を見る。ルパン三世のTVスペシャルというのはどうしても「カリオストロの城」を意識してしまうようなものが多いんやけれど、こちらもお城にお姫様、さらには宮崎駿を意識してか空賊まで出てくる。少し期待していたけれど、カーチェイスや空中戦はみんなCGで迫力がなく、がっかり。「ルパン対クローン」路線みたいなのはテレビではでけんのかな。まあ5年前に作られた番組を今ごろどうのこうのいうても仕方ないですが。まあテレビシリーズでは昨年放送された「ルパン三世 パート5」が決定版という感じになったと思うてるので、まあそれ以上の出来のものを期待してはいかんわな。
 新年第1回の「まんぷく」を見てから、しばらく読書。昼食後、午睡。1日追加の正月休みをだらだらと過ごしました。そやから日記もだらだら。なに、来週出勤したらいきなり忙しくなるんやから、せめて日曜まで呑気に過ごしたいものです。妻もかなり元気を取り戻してきたみたいやしね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

LOST SONG [テレビアニメ]

 気象情報通り、日中も夜になっても比較的暖かい。朝、昨夜の深夜アニメを見たあと少し寝ただけで、昼食後は諸般の事情で妻とともにHDDにたまっている録画番組をひたすら見る。妻が夕食を作ってくれている間もビデオを見、夕食後もビデオを見る。たっぷり午睡どころやなく、テレビ漬けの休日になった。
 なにしろ半年前、3か月前に録画したアニメを今見ているんやからなあ。ただ、おもしろいものは間をあけずに一気に続きを見ることができるのがよい。
 今日、全話見終えたのは 「LOST SONG」というファンタジー。歌の力が兵器にもなり再生力にもなるという少女たちが権力欲に凝り固まった男性たちにあらがう話なんやけれど、途中から手塚治虫「火の鳥 未来編」みたいな展開になり、びっくり仰天。もっと早く見てこの日記で宣伝してあげたかったなあ。
 遅くなったけれど、SFファン向けのアニメです。今月に最終回を迎えた時間ものや多元世界物よりもずっとSFマインドがある。興味のある方はレンタルDVDなりネット配信なりでお探し下さい。ええ歳してあほほど深夜アニメを見ているSFファン歴40年になんなんとするおっさんが言うんやから間違いない。
 明日はここまでしてテレビは見んでもええと思うんで、明日こそたっぷり午睡するか本を読むかしたるねん。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ゾンビランドサガ [テレビアニメ]

 朝食をとりながら昨夜録画した深夜アニメ 「ゾンビランドサガ」を、何の予備知識もないままに見る。アイドル志望の女の子が車にはねられて亡くなり、10年後にゾンビとしてよみがえり、同様にゾンビとしてよみがえった女の子たちとアイドルユニットを組み……てな話なんやけれど、それは佐賀のご当地アイドルとして県の知名度を上げるためやった、ですと。「サガ」というのは「英雄譚」やなく文字通り「佐賀」やというこのあほらしさ、けっこう好きやなあ。
 ゾンビのアイドルたちが観客にかみつきに行こうとしたりとか、繰り返しギャグも第一話ではうまいこといってる。どういう展開になるんかはわからんけれど、前クールから私好みのギャグアニメがいい感じのレベルで放送されているから、これも期待してええかもね。
 今日は一日蒸し暑く、1週間の疲れがたまっているせいかずっと眠かった。こういう日に限って成績会議に職員会議と会議続きなんですよねえ。寝ろと言わんばかりのスケジュールやないですか。なんとか耐えたけどさ。
 定時に退散し、帰宅してサンテレビの今シーズン最後の野球中継を追っかけ再生で見る。もう完全に負のスパイラルに陥ってしまい、何をやっても結果につながらん。もうCSには出られへんのやから、勝敗を度外視して若手だけのオーダーを組んでもええんと違うかな。福留は代打待機でええやんか。最下位になるのを恐れてるみたいな感じやけれど、ここまで来たら5位も6位も変わらんて。金本監督、どうしても勝ちたい時に若手をとっかえひっかえしたんやから、それを続けたらええんと違うかな。来シーズンも監督を続けられることは決まってるんやから、思い切り好きなようにしようよ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

SF考証の無駄遣い [テレビアニメ]

 今日はハッピーマンデーの敬老の日。朝食時に昨夜録画した深夜アニメを見る。「ISLAND」が最終回。せっかく堺三保さんにSF考証をさせているのに、最初にばらまいた謎は一切解き明かされることのないままに愛する者同士が結ばれてめでたしめでたしとはなんたることか。きっと堺さんも苦労したことでしょう。これでは堺さんの無駄遣いやないか。というか、SF考証をある程度ちゃんとしているせいで、全部見んでもええ話を最後まで見ることになったということか。ほんま無駄遣い。
 朝食後、とにかく眠く、寝る。昼食をとるために起きてきて、食後に午睡。夕刻起きてきて、録画した相撲中継を見る。平幕では竜電が勝ち越し。御嶽海は白鵬に敗れて場所後の大関昇進は難しくなってきた。鶴竜と白鵬が土つかずで引っ張る。高安と豪栄道、竜電が1敗で追う展開。稀勢の里は栃ノ心を破って勝ち越しまであと1勝。引退の危機はこれで回避されたかな。
 相撲を見終えてプロ野球中継の録画を見ようとしたら、もう4回表。試合開始時間から1時間たっての中継開始やったんですね。確認しとくべきやった。パソコンを立ち上げて、ニコニコ動画のタイムシフト視聴で最初の1時間分を見る。それからビデオに切り替える。試合は接戦の末サヨナラ負け。
 というわけでテレビを見ている以外はひたすら寝て疲労回復に努めた一日でありました。2日連続出かけたのもあって、ほんまよう寝た。でも疲れは取り切れてへんなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

怪盗銭形 [テレビアニメ]

 朝食時に昨夜録画したアニメ「ルパン三世パート5」を見る。サブタイトルは「怪盗銭形」。ルパンが狙ったお宝を先回りしてルパン同様の手口で盗むライバルが登場。実は記憶を失うて泥棒の一味に助けられた銭形警部やった、というお話。ルパンのジャケットは赤。つまり「ルパン三世パート2(赤ルパン)」にありそうなエピソード、なんですね。ただし、「赤ルパン」の話としても非常に丁寧に作ってあるので昔の赤ルパンのようにいらっときたりはしないのです。
 なんというても、ここまでのエピソードでルパンを出し抜こうと何人もの敵が登場してきたけれど、ことごとく最後はルパンがなんとか切り抜けるのに対し、「怪盗銭形」はルパンには負けんのですね。なぜなら、記憶を失うていてもこと盗みの手口については骨の髄までルパンを研究し尽くしているから、泥棒をやらせたらルパン並みの腕を発揮できるというわけです。
 ここが赤ルパンの銭形との大きな違い。道化役にまわることが多かった赤ルパンの銭形を見ていると、とても敏腕刑事とは思えんのですが、今回の「怪盗銭形」では銭形警部はほんまは敏腕なんやということを暗に示している。スタッフの「ルパン愛」を今回のシリーズでは特に感じるんやけれど、むろんそれはレギュラーメンバー全員に対する愛情でもあるわけです。それを前面に押し出したのが昨日放送された「怪盗銭形」なんやと思うのです。
 「パート5」はおそらく2クールの予定やろうと思うので、あと1ヶ月で終わるんやろうけれど、こんなに「ルパン三世」のおもしろさを追求したシリーズをやられたら、次に「パート6」を作るスタッフは大変やろうなあと思うた次第。
 本日もお山の学校の仕事部屋は蒸し蒸しと暑く、1リットル入り紙パックの麦茶を飲み切ってしまい、学生食堂前の自販機で追加で十六茶を購入せんならんかった。そやないと、帰路の最寄り駅から自宅までの途上で脱水症状を起こしてしまいかねんもんねえ。
 夜はプロ野球中継を見る。甲子園に帰るとタイガースは勝てんなあ。今季は甲子園の魔物にとり憑かれているのかなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

狂気に対する誤解 [テレビアニメ]

 金曜深夜はなんや知らん深夜アニメが多い。「ちおちゃんの通学路」とか「ぐらんぶる」みたいなギャグアニメは楽しく見られるんやけれど、「殺戮の天使」やとか「ハッピーシュガーライフ」みたいなホラーや狂気というもの対して根本的な誤解があるようなものは見ていてしんどくなる。目をむいて力みかえったしゃべり方や哄笑をすれば「狂気」、血を流せば「スプラッタ」、なにかに偏執しながらよだれを垂らして笑えば「サイコホラー」と思うているんと違うやろうなあ。
 というわけで、昼食後も録画したアニメをひととおり見たらくたびれたので昼前に午睡。
 午後は妻が出かけたので私も近くの本屋まで行ったりなんかする。一時ほどの酷暑ではないけれど、ちょっと歩くと汗だくになる猛暑であることには違いない。
 帰宅してへばっていたら、妻が帰宅。夕刻から例によってナイター中継を見る。そろそろ乗り換えるスマホの会社選びもしていかんならんなあ。乗り換えてから設定とかもせんなんから、余裕のある日がええんやけれど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - テレビアニメ ブログトップ